第325話

すや吉とぶらり街! 君の行きたいところが
70
2022/11/02 12:00


すや:
〔はーい!ということで、国宝、松本城に到着しましたー!!!〕










ヴァニタス:
〔ふむ。やはり、異国の建造物だな。パリにある城とは全く違う趣きがある〕





ノエ:
〔わぁぁあ!〕

〔見てください!ここから見るとすっっごく高いです!!!〕






あなた:
〔そりゃ、お城だしね、、〕

〔綺麗だね〜。黒と白の対比が美しい〕








すや:
〔松本城はね、黒いから別名「烏城からすじょう」…なんて言われたりもするらしいけど、文献上では「烏城」と記述されたものは見つかっていないので、松本城管理事務所の公式見解は、松本城の別名は「烏城」ではなく、前身であった「深志城」と公式ホームページに載ってます〕






ドミニク:
〔へぇ…勉強になるね。〕

〔ちなみに、大きさは違えど、同じような形の建物が並んでいるね。あれは何なんだい?〕






すや:
〔はい。あれらは、一番大きくて目立っているのが大天守、そして右から乾小天守いぬいこてんしゅ渡櫓わたりやぐら辰巳付櫓たつみつけやぐら月見櫓つきみやぐらといいます〕

〔松本城天守群はこれら五棟で形成されています〕

〔大天守と乾小天守を渡櫓によって連結し、辰巳付櫓と月見櫓が複合された連結複合式の天守です〕





〔あー………公式ホームページを読むだけで頭が痛くなる…難しすぎる…漢字苦手なんだけど…〕


〔皆さーん、今からスマホを配るんで、そこから松本城の公式ホームページを確認して観光してくださいね!使い方が不明なら私がお教え致します!〕









あなた:
〔この子…案内の役目をすっぽかした!?〕




アストルフォ:
〔無責任な子ですね〕



すや:
〔うるせぇ…!意味不明な何とか天守とか櫓とか…もううんざりなんだよ!!〕

〔ということで、皆さんお好きに観光なさって下さい。集合時間になりましたら呼びますので〕

〔その間に今度はどこ行こうかプランを考えます〕








ルカ:
〔かしこまりました!〕

(ここからは自由活動…つまり…、、ジャンヌと二人きりでまわれる!)







〔ジャ〜ンヌ〜〜っ❁〕

〔僕と一緒にまわりま─────〕









ジャンヌ:
〔ヴァ、ヴァニタス!///〕

〔もし…良ければ……い、一緒にまわらない!?//〕







ルカ:
〔──ピシ──〕






ヴァニタス:
〔あ……ああ…。いいぞ……〕

〔君のまわりたいところに行こう〕





ジャンヌ:
〔大天守の中に行ってみたいわ!〕





ヴァニタス:
〔よし。行くか……〕



〔ん?…ルカ、そこで石のように固まってどうした?〕








ルカ:
〔………い、いえ…別に、、、〕






ジャンヌ:
〔ではルカ様!行ってまいりますねー!どうかお気をつけてー!〕






ルカ:
〔ジャ、ジャンヌ…………(泣)〕










ローラン:
〔まあまあルカ君!〕

〔君は私達と一緒にまわろうじゃないか!〕





ルカ:
〔ふぇ…?〕




オリヴィエ:
〔俺らがいれば安全だ。君の身になにかあってもパラディン二人、しかもこの俺とこの男がいるからな〕




ローラン:
〔さあ、一緒に行こうっ!〕






ルカ:
〔ロ、ローラン…!オリヴィエさん…!〕


〔ありがとうございます(泣)…!!〕












ドミニク:
〔ノ、ノエ…もし良ければ…〕




ノエ:
〔ドミも早く行きましょうっ!〕


〔オレはお城の中に入りたいです!〕




ドミニク:
〔───っ…!//〕

〔うんっ…!!〕














皆がそれぞれ行きたいところへ向かうと、私とアストルフォは取り残されてしまった








あなた:
〔ど、どこ行こうか…?〕





アストルフォ:
〔ボク、お城の庭や自然を見て回りたいです〕






あなた:
〔…!いいね!確かに綺麗な風景だもんね!〕





アストルフォ:
〔うん。でも、君も行きたいところがあるなら言って下さい。〕

〔君の行きたいところが、ボクの行きたいところでもありますので〕









あなた:
〔……!//〕

〔ありがとっ!〕





〔じゃあ、まずは──────〕













プリ小説オーディオドラマ