無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

桃青 ヤンデレ1
青
う…、うが…ぁ
青
…つ、疲れた…、でも…逃げないと…!
橙
ふふふ〜ん…
橙
あれ?…ころん何しとるん?
青
ジェルくっ…!助けてぇ…。
橙
!?…どうしたんや!
青
さとみっくんが…
橙
…さとみか…。
橙
ころん…?俺ん家行くで!
青
うぅ…うん…。
橙
いや…待て。
莉犬呼ぶか…。
青
え…。何で?
赤
あれ?2人とも何してるの?
橙
あっ、!莉犬…いい所に!
…さとみがな…
赤
…ふーん、任せて!
赤
ころちゃん、!行くよ!
青
えっ、!分かった!
タッタッタッ…
橙
…おい、さとみ…
桃
ん?あれ、ころんは?
橙
ふざけるのも大概にしとけよ…!
桃
別にふざけてねぇよ…?
桃
あれは、ころんが俺の物になるため…
桃
だから…邪魔はしないで欲しかったなぁ?
橙
…!ころんは、物じゃないんやで!
桃
いや、?ころんは物だ
橙
は、?
桃
だってアイツはな、るぅとやなーくんの所にトコトコ歩いて行く…
桃
ころんは言ったらすぐ黙って…物みたいにな
橙
せっかく…お前に譲ったのに…!
桃
…うるさいなぁ
黄
……さっきから、何喋ってるんですか?
紫
そうだよ、!ずっと気になった…。
紫
何かさっき、ころん走って行くし…
橙
あっ、!!なーくん!
紫
えっ、?
桃
なーくん、ころんどこ行った?
黄
なーくん。教えちゃダメです
紫
…ごめんね。
紫
一旦、家に帰らない、?
家で話そうよ…、!
桃
………分かった。
橙
はよ、行こうぜ
黄
ちょっと、僕用事があるんですよね…
紫
あっ、!そうなの?
だったらいいよ。
黄
すみません…。では!
スタスタ
紫
……早く行くよ?
桃
あぁ…。
橙
……。