無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

桃青 ヤンデレ3
タッタッタッ
桃
ころん…!!
青
あっ…、さとみくん…
桃
ころん…ごめんな、
俺ころんの気持ちわかんなくて…
青
ううん!もうさとみくん大丈夫なの?
桃
え?何が?
青
さとみくん、疲れてたんでしょ
ずっと編集してたし…
桃
ありがとう…!そんな心配して貰って…
これからは、ころんを大事にするよ。
青
うん!僕もさとみくんを大事にする!
青
約束ね?
桃
…!あぁ!!
赤
やっと、仲直りした…
青
あ!莉犬くん!さっきは、ありがとうね!
桃
莉犬、ありがとな。
赤
ううん!大丈夫だから、彼氏さんと遊びな?
青
ありがと…///
桃
そういえば…るぅとって来たの?
赤
え?るぅとくん?
いや、来てないけど…
赤
さっき、連絡はあったよ。
青
えっ、?そうなの?
桃
なんて言ったの?
赤
『さとみくん、そっち行きますよ。』って
桃
るぅと、分かってたのか…
後で謝るか…
青
僕もるぅとくんにお礼しとこ!
赤
じゃ、そろそろ帰ってくれない?
俺、作業あるんですけど…
桃
ん、分かった。
桃
じゃ、ころん帰るぞ!
青
莉犬くんバイバイー!
赤
腰をお大事に…(ボソッ