無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

涙を流す姿さえ美しく。
《あなたside》
気付いたら涙が溢れていた。
あなた

実弥が…お兄ちゃん…

どうしてこんなに私に尽くしてくれるのだろうか。私に、家族ができたことが、とにかく嬉しくてたまらない。
不死川実弥
そしてお前を、継子にする。
あなた

継子…?

胡蝶しのぶ
柱が直々に育てる隊士のことです。それにしても不死川さん、まだこの方の技も見ていないのに…
不死川実弥
弱いなら弱くていい。俺が育てるんだから絶対強くする。
あなた

がんばり…ます、私絶対、期待に応えてみせます!!

今日は、嬉しい涙でいっぱいです…
《炭治郎side》
あなたちゃんは涙を流す姿さえ、美しかった。綺麗だ本当に。俺が呆気にとられている間に、あなたちゃんが不死川さんの兄妹になり、継子となった。俺が今少し心配なのは…
竈門炭治郎
不死川さん。あなたちゃんを絶対大切にして、もう1人にしたりしないであげてください。
不死川実弥
あぁ。当たり前だ。
あなた

ほんとですか?!嬉しいです!もし…実弥が死んでしまった時は、私も一緒に行きますね。

不死川実弥
もしもの話は無しだ。
あなた

そうですね!( ¨̮ )

あなたちゃんはやっぱり、どんな表情をしても美しい。
《不死川side》
昔会った時から、すでにコイツは美人だった。悲しさを物語る目があの時、頭から離れなかった。辛い時は呼べと言ったものの、再会する今日まで1度も呼ばれることは無かった。しかし、鬼寄せという力が俺と同じような力であったことを知った時には驚いた。
不死川実弥
鬼寄せ…
あなた

どうかしましたか?

不死川実弥
いいや、なんでもねェ。
あなた

そうですか?( ¨̮ )

かわいい。
不死川実弥
今までよく頑張ったな。
そういう気持ちを込めて頭を撫でようと手を伸ばしたら、ひどく驚いて怯えていた。
あなた

ご、ごめんなさい…

今までの扱いからして、叩かれるとでも思ったんだろうか。
不死川実弥
大丈夫だ。俺はお前を叩いたりしねェ。
そう言って頭を撫でた。コイツはこんなこと初めてされたとでも言わんばかりに驚いて目を見開いていた。
あなた

も、もう1回お願いします…!!

そんなにキラキラした目で見られちまったら、何回も撫でたくなるじゃねぇか。
ポンポンっ
あなた

ふふふっ(* ´ ˘ ` *)

この今日1番の笑顔は、何の呼吸だァ?笑顔の呼吸か?それとも天使の呼吸か?なんにせよ、破壊力が大きすぎる。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ひゅうがなつ🍊
ひゅうがなつ🍊
アニメ大好きです!! 小説書くの初めてなので下手ですが、 楽しく読んでいただけると嬉しいです😊 投稿不定期です…
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る