無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

今の俺はどうすれば。
あなたさんには会えたものの、引き下がるしかない状況。あなたさんはどうしたいんだろう。そりゃまあ、逃げ出したいに決まってるか…
竈門炭治郎
さくら草。きれいだな…
地面に落ちたさくら草を手に取った瞬間、花の形が変わった。


カタクリ…


なんだかカタクリがあなたさんの化身のような気がして、離してはいけないと思った。だから、隊服の胸ポケットに挿しておくことにしたんだけど…
嘴平伊之助
なんでお前がその花持ってんだよ!!
我妻善逸
そうだよ!!
竈門炭治郎
分かった、分かったよ!!ちゃんと3輪あるからみんなで分けような?
3人でカタクリを隊服の胸ポケットに挿して、とりあえず街に行こうという話になった。
《街》
竈門炭治郎
そう言えば、伊之助気絶するまで殴られたんだって?!大丈夫だったのか?
嘴平伊之助
大丈夫だわ!!あのクソばばあが余計なこといいやがって!!
街の人
あら、あなた達のカタクリきれいね!今の時期は咲いてないと思うけど…
竈門炭治郎
これは、ある女の子からもらったんです!それにすごくきれいですよね!なんだかその子の化身のような気がして…
街の人
女の子からもらったのかい!なら、花言葉とかに意味があるかもね〜、
我妻善逸
花言葉…?
竈門炭治郎
カタクリには、どんな花言葉が?
街の人
初恋なんて意味もあるけど…
我妻善逸
もしかして俺だったりして!
街の人
他には、「寂しさに耐える」なんて花言葉もあったりするわね!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ひゅうがなつ🍊
ひゅうがなつ🍊
アニメ大好きです!! 小説書くの初めてなので下手ですが、 楽しく読んでいただけると嬉しいです😊 投稿不定期です…
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る