無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

できるようにしてみせます
《あなたside》
急に木の上から話しかけられたので、驚きました。
あなた

あの、あなたは?

??
不死川から柱の紹介も受けていないのか。全く…
あなた

私のことは悪く言っても構いません。でも実弥のことは悪く言わないでください。たとえあなたが柱でも、許しません。

??
ずいぶん生意気な態度に心底呆れる。俺は蛇柱伊黒小芭内だ。
あなた

蛇柱様

伊黒小芭内
お前もどうせ、この修行が無理だということに気付き、逃げ出すことだろう。今の若いやつはそういうところがなっていないから信用しない。信用しない。
あなた

私は諦めません。絶対に。

伊黒小芭内
そんなこと言っているのもどうせ最初のうちだけだろう。威勢を張るな。腹立たしい。
あなた

威勢を張っているわけではありません。しっかりとした意思表示です!!

伊黒小芭内
ふん。せいぜい諦めずに修行をし、不死川に認めてもらうことだな。まあ、どうせできはしないだろうがな。あと俺は屁理屈を言う女は大嫌いだ。
好きなだけ文句を言って木の上から蛇柱様は姿を消した。
あなた

どうしてあんな方が柱になられたのでしょう。

ああ、あんな方などと言ってはいけませんね。集中して鍛錬に身を注ぎましょう。
しかし、浮花浪蕊や、さくら草、花紅柳緑は使えませんし…
あなた

こうなったら!!花の呼吸…伍ノ型、流水落花!!

水に流れる花のようにまっすぐ滝の中心に刀を突き立て、真下に引き下ろす。
サァー
あなた

?!

一瞬ではありましたが、滝が半分に分かれた…
あなた

花の呼吸…伍ノ型、流水落花!!

もう一度伍ノ型で!!
サァー
.
.
.
《それから何時間も経ち夕方に》
あなた

はぁ、はぁ…

結局流水落花が1番手応えがありましたが、滝が少し割れるだけで、それ以上の進歩が見られません…
『飯の時間には帰ってこい』
あなた

あ!!

もう少しで、夕ご飯の時間…帰らなくては…
『どうせできはしないだろうがな』
あなた

蛇柱様に言われっぱなしのままでは帰れません、
あなた

花の呼吸…伍ノ型、流水落花!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ひゅうがなつ🍊
ひゅうがなつ🍊
アニメ大好きです!! 小説書くの初めてなので下手ですが、 楽しく読んでいただけると嬉しいです😊 投稿不定期です…
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る