無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

あの時から心配はしていた。
不死川実弥
その俺と同じ羽織りを着た女、しっかり成長してきたんだろうなァ?
あなた

…っはい!!私のこと…覚えてますか?

不死川実弥
あんなガキがここまで大きくなるとはなァ。覚えてるぜ、お前のこと。お前にあった日のことも。
胡蝶しのぶ
えーっと…このお二人はどういうご関係で?
竈門炭治郎
不死川さんはあなたちゃんにとっての、命の恩人だそうです!
胡蝶しのぶ
なるほど…
不死川実弥
お前の鬼寄せってのはなァ、
あなた

稀血とは違うんですよね…?

不死川実弥
そうだ。鬼寄せって言葉を知ってから俺も調べてみた。お前も自分で調べたようだなァ。
あなた

はい!

胡蝶しのぶ
鬼寄せって、もしかしてあの鬼寄せですか?
あなた

多分、その鬼寄せだと思います( ¨̮ )

胡蝶しのぶ
鬼寄せに寄ってきた鬼は、鬼寄せの周りの人間をみんな食べてしまうという…
あなた

?!それは知りませんでした…
じゃあ家族みんなが殺されたのも、おば様の家族がみんな殺されたのも…私の、せい…

不死川実弥
だからァ、お前のせいじゃねェ!!あの時から心配はしていたが、自分を責めすぎだ!!
あなた

そんなに思っててもらえたなんて…!嬉しいです…!

不死川実弥
それにしても、なんでお前話し方が敬語になった。俺を呼ぶのは実弥って呼び捨てなのに。
あなた

あー…いろいろありまして…

あなたちゃんは、今までのあなたちゃんが受けてきた扱いを全て不死川さんに話していた。その話を聞き終わったあと不死川さんは、ひどく怒っていた。
不死川実弥
あんときのババアがそんなことを!!許せねェ、ぶち殺しに行くぞ!!
あなた

いえ…もうあの村は…

不死川実弥
なら喜べ!!あんな村無くなっちまった方がいい!!
あなた

喜んでも、いいのですか…?

不死川実弥
ああ。なんたってお前は、もう自由だからよ。
あなた

そうですか…

不死川さんに自由だと言われても、なお沈んだ顔をしているあなたちゃん。一体どうしてそんなに悲しそうなんだろう。
不死川実弥
どうしてそんなに悲しそうなんだ。
あなた

私、本当の家族を…知らないんです…

そうか、あなたちゃんは物心ついた頃に本当の家族はいなくて、家族のように大切にしてもらえたのはほんの一瞬。
不死川実弥
父親にはなれねェけど、俺が兄貴になってやる。だから、今日から家族だ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ひゅうがなつ🍊
ひゅうがなつ🍊
アニメ大好きです!! 小説書くの初めてなので下手ですが、 楽しく読んでいただけると嬉しいです😊 投稿不定期です…
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る