無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第93話

786
2022/06/05 22:05
きょうもげんき
きょうもげんき
あと5分で着くよー
ピンクのリップ
巻いた髪
今日のデートのために完璧におしゃれして、いざ出陣…!!
あなた
お待たせ…!
天月
天月
全然待ってないよ
にこ、って爽やかに笑う彼氏様
今日も優しい…
あなた
カフェだよね!
天月
天月
そー、楽しみだったんだー!
私より女子力高いんじゃないか、この人
カフェに向かって歩いてると、急な大声
「危ない…!!!」
あなた
へ…
天月
天月
あなたっ!!
ーグシャッ
…え?
あなた
天月、くん…?
どこに行ったの?
この鉄骨は何?
なんで血が流れてるの?
ねぇ天月くん、
あなた
っ…やぁぁぁあぁ!!!!
鉄骨の下の天月くんは、少し笑ってるように見えた
あなた
っ、…朝…?
だってさっき、
きょうもげんき
きょうもげんき
あと5分で着くよー
あなた
え…?
天月くん?
このLINEさっきも、
…今、9時、半…
あなた
どういうこと…
あなた
お待たせ、
天月
天月
全然待ってないよ
嘘だ、こんなの
天月
天月
今日のカフェ楽しみだったんだー!
間違いない
会話の内容が同じだ
タイムトリップした、って事…?
あなた
っ、
天月
天月
あなた、泣いてるの?
あなた
泣いてない、よ…
これで、天月くんを守れる…!
あなた
何で…
何でなの、天月くん
なんで今回も私を守るの?
何で、また…
あなた
やめてよ、もう…やめてよ…っ
鉄骨の下の天月くんは、少し笑ってるように見えた
時間をずらしたり、歩く場所を変えたりした
それでも変わらず鉄骨は落ちてきたし、
天月くんは毎回私を守ってくれて
今回で、タイムトリップは10回目だ
あなた
今日こそ…
"赤い"リップを塗った
あなた
お待たせ!
天月
天月
全然待ってないよ
今日雰囲気違うね、可愛いよなんて
そう言って褒めてくれる天月くんを、今度こそは私が守りたい
あなた
…行こう!
天月
天月
カフェってそんな戦場みたいな場所だっけ






「危ない!!!」
天月
天月
っ、
あなた
天月くん!!
天月くんが私の名前を呼ぼうとした瞬間、私は天月くんを突き飛ばした
天月
天月
っえ、
あなた
ありがとう!!!
溢れるほどの優しさと幸せを、ありがとう
どうか、幸せになってね
天月
天月
っくそ…またかよ!!!
鉄骨の下のあなたは、少し笑ってるように見えた