無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第94話

#
808
2022/06/06 21:29
ずっと書きたかった反応集的なもの
・気づいてください
作り笑いがバレた的なやつ
なーくん
なーくん
どうしたの、元気ないね
あなたさんの元気がなければすぐ気づいてくれる
さすが長男(?)
なーくん
なーくん
お兄ちゃんに全部話してみなさい!
全部話しちゃう!!((
ジェルくん
ジェルくん
その顔、無理しとるやろ?
前にも言ったけどジェルくんは誰も気づかないことにすぐに気づきそう
背中さすってくれるし本当にそばに居てくれる
ジェルくん
ジェルくん
俺はそばにおるよ
は、イケメンかよ
さとみくん
さとみくん
あなたちゃんどちたの
ふざけないでください()
最初は煽るように聞いてくるけど、ちゃんと話全部聞いて1番いいアドバイスくれる
さとみくん
さとみくん
そんな変な顔で笑うな
頭を少し乱暴に撫でて欲しい、くしゃ、って
・囁いて
るぅとくん
るぅとくん
さ、囁く…?
最初は戸惑うるぅとくん(可愛い)
いつの間にかノリノリで耳元で囁いてくれるので鼻血注意
るぅとくん
るぅとくん
大好きですよ
ティッシュ置いときますね
ころんくん
ころんくん
バナナ
知 っ て た
相変わらずバナナしか言わないころんくん
ころんくん
ころんくん
…好きだよ
それはバナナのこと?それとも…(多分バナナ)
莉犬くん
莉犬くん
どうしたのいきなり
苦笑してますそんな顔もイケメンですね
ぼーっとしてると腰引き寄せられます
莉犬くん
莉犬くん
かわいーね
間違っても変な声出さないでください襲われます
・涙を拭いて
あなた
うわーん(棒)
なーくん
なーくん
あなた姉ちゃん、泣いてるの…?
周りであわあわしてます、可愛いですね(
ですが長男、慌てているばかりではありません
なーくん
なーくん
大丈夫、俺がいるからね!
安心感は兄弟の中でも最強だと思う
ジェルくん
ジェルくん
あなたねぇ、これ見て!
一生懸命笑わせようとしてくれます
どんなに悲しくてもジェルくんがいれば笑える(確信)
ジェルくん
ジェルくん
よかったぁ、笑った…
ふわ、って安心したように微笑むジェルくんが見たい
さとみくん
さとみくん
ほい、ハンカチ
ハンカチを差し出した後は無言で背中摩ってくれる
あなたさんが自分から話すまで余計な事は言わない
さとみくん
さとみくん
悲しみに集中する時間も必要だからな
泣き止んだ後は温かい飲み物とか用意してくれそう
・悶えて
彼シャツしてみた☆
るぅとくん
るぅとくん
…は?
割と低音の「は?」頂きましたありがとうございます
その後はパーカー着させられます何で
るぅとくん
るぅとくん
あんまこっち、見ないで…
落ち込まないでください、顔を覆ってる手の隙間から真っ赤な耳が見えます
ころんくん
ころんくん
一言だけでフリーズしちゃいます、ちょっとショック
そのまま動かないので近づいてみましょう、必殺、「可愛くなかった…?」
ころんくん
ころんくん
かわいい、から…かわいい、です…
彼女にタジタジのころんくんが見たかった((
莉犬くん
莉犬くん
…ちょっと不満なんだけど
あんまり身長差ないんですよ、察してください
少し不満そうな顔で近づいて、抱き締められます
莉犬くん
莉犬くん
あなたねぇから俺の匂いがする
あっ(昇天)
私事

夏休み始まった!!!(嬉)