無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第99話

#
661
2022/06/18 04:16
あなた
みんな何がいいかな
さとみくん
さとみくん
テキトーに買ってこうぜ
それからさとみは、ひょいひょいとそこら辺にあったものを掴んで会計へ
ほんとにテキトーだな
あなた
持つよ
さとみくん
さとみくん
いーって、俺持てるし
あなた
1つは持たせて
さとみくん
さとみくん
じゃあこれね
…軽そう
自分だけ重いの持つとか、イケメンじゃん
あなた
あ、パラソル開いてくれてる…
パラソルに気を取られて、足元を見てなかった
何かに躓いて、気づけば私の体は斜めに傾く
あなた
…え、
やば、飲み物が零れる…、
さとみくん
さとみくん
…っぶね…
あなた
さとみ…?
さとみが私の腰を手で支えてくれてる
あなた
わ、ごめん…!
さとみくん
さとみくん
怪我は?
あなた
大丈夫、さとみこそ…
さとみくん
さとみくん
俺もない
いくら兄弟とはいえ、素肌触られると…ちょっと恥ずかしいかも
さとみくん
さとみくん
あなたねぇ、顔赤くね?
あなた
っや、大丈夫、です…
さとみくん
さとみくん
そ?
なーくん
なーくん
あ、2人とも!
るぅとくん
るぅとくん
何買ったんですか?
あなた
えっとね、焼きそばとホットドックと…
莉犬くん
莉犬くん
俺焼きそば食べたい
さとみくん
さとみくん
ホットドックは俺の
ジェルくん
ジェルくん
俺何でもええよ
なーくん
なーくん
まずはシャワー行って砂落とそっか
そっか、けっこう砂で汚れてるかも…
莉犬くん
莉犬くん
早く落とそ〜
るぅとくん
るぅとくん
焼きそば楽しみですね!
あ、ここ…
6人分しかない
みんな気づいてないみたいだし、6人が入った後に入ろうかな…
莉犬、るぅちゃん、さとみ、ジェル、なな…、…あれ、ころちゃんまだ入ってない?
あなた
ころちゃ、
ころんくん
ころんくん
来て
あなた
っひゃ…!
腕を引かれて、1番奥のシャワーに入る
あなた
ころちゃん…?
ころんくん
ころんくん
2人で入ればいいでしょ
あなた
えっと…
結構恥ずかしいんだけど
あなた
っん、…ころちゃん、腰はくすぐったい、
ころんくん
ころんくん
僕も触ったことないのに
あなた
…ヤキモチ…?
ころんくん
ころんくん
…だったら何
あなた
んへへ、かわいい〜…
顔を綻ばせてると、ころちゃんの顔が不満気になった
その不満顔が近づく
あなた
へ、ちょ、ころちゃ、
唇に柔らかいものが押し当てられて、すぐに離れた
あなた
…っへ!?
ころんくん
ころんくん
ほら、あなたの方がかわいい
いたずらっ子みたいに笑うころちゃんに、顔が熱くなる
ころんくん
ころんくん
ね、もっかい
あなた
っ…もう1回って、
ころんくん
ころんくん
だめ?
あなた
ぅ…だめ、じゃ、…ない
もう一度、かわいい、って呟いたころちゃんの顔が近づく
…って、待って!?
あなた
ころちゃん、これみんなに聞こえない?
ころんくん
ころんくん
え?…あー…大丈夫だよ
いやいや、いくら何でも隣の人なら聞こえそう…
どうしよ、恥ずかしくなってきた
ころんくん
ころんくん
目、瞑ってて
あなた
っ…はい
ちゅ、って音がして、離れたと思ったらまた音が鳴る
次々降ってくるキスにもう足が限界で、座り込んでしまった
あなた
ころちゃ、…っ、
息を整えながら見上げると、息が乱れて、髪の毛も濡れてるころちゃん
前髪が垂れてるから顔は見えないけど…
あなた
色気やば
ころんくん
ころんくん
何急に
…なんか、女として負けた気がする
あなた
お待たせ…
ジェルくん
ジェルくん
何しとったん?
るぅとくん
るぅとくん
遅かったですね
なーくん
なーくん
大丈夫?
莉犬くん
莉犬くん
ごめんね、シャワー6人分しかないの気付かった…!
ころんくん
ころんくん
大丈夫
あなた
平気だよ〜
さとみくん
さとみくん
どうだった?
ころんくん
ころんくん
かわいかった
あなた
聞こえてるから
長くなってしまった