無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

海辺の茶店でブラック珈琲
ノンジャンル

海辺の茶店でブラック珈琲

3
19
81
2019/08/12
オリジナル
完結
終わりのはじまり
彼女は、いつも窓辺の席に座る。
僕はそれがもどかしい。
カウンター席に来てくれれば、彼女と話せるのに、もっと近くで顔を見れるのに…。
そんなある日、気づいてしまったんだ。
彼女は寂しそうな目で外を見ている事
に。



…………男かっっっ!!




僕は焦りから彼女に告白する事にした。

チャプター

全5話
続きから読む
並び替え

この作品のタグ

ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る