無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

* エピローグ
今日も私はエディー・アスケロフを殺す為に生きるのだ。



あの子の為にも、そして自分の為にも。



その目的が達成されたとき私の命が散るとしても、



彼を殺せるのなら本望なのだ。



息を吸って、小さく吐き出す。



太陽が、嫌になるくらい眩しかった。