プリ小説

第7話

最俺のお隣さんはツンデレ※
第56話 罪深き口付け
フジside














一緒に寝ると流石に襲っちゃうので(!?)普通に家で寝ました。











今あなたちゃんと病院から帰ってきたところです。











フジ「熱も下がったみたいだし一緒にお風呂入ろっか(ニコ…」











あなたちゃんの体を見たら俺はどうなっちゃうんだろうか。











あなた「い、一緒に…!?」











ちょっと照れてて可愛い。











なんだろうこの小動物感。











フジ「あなたちゃんがバスタオル巻いて、俺は上だけ脱ぐ」











あなた「そ、それなら…大丈夫かな…」











え、まさかのおっけー…?











フジ「やった!じゃあ着替えたら言ってね!」











あなた「う、ん…」











大丈夫かな…www











俺…頑張れ……







































あなた「も、もう来ていいよ」











フジ「はいよ」











ねえ待って本当に死んじゃう。











可愛い…可愛すぎ…。











なーんでそんな綺麗なの!











フジ「じゃ、じゃあ座って!」











あなた「あ、うん」











俺の理性頑張れ。本当に頑張って。







































フジ「よし!流石に体はやらないから安心してw」











あなた「うん…w」











フジ「それじゃあ待ってるね!」











やっと…終わった……











言い出した自分が悪いけどこんなにドキドキするとか…。





















あなた「フジくん」











フジ「な、に…??」











なになになになになに…!?





















あなた「肩に泡、付いてる」











フジ「あ、本当だ」











自分で拭おうとしたら





















フジ「あっ」
あなた「あっ…」











あなたちゃんと手が重なった。











やっ、ばい……











そうじゃなくても近いのに…





















___もう、いいや。











俺は重なったあなたちゃんの手をぎゅっと握った。





















こんなに可愛いあなたちゃんを目の前にして我慢出来るわけ無かった。





















俺だって限界がある。











あなた「へっ、フジ、くん…?」











もうどうにでもなれ……











嫌われてもいい……











俺はそう考えながら











あなたちゃんにキスをした。











あなた「んっ…!?」











フジ「ごめんね…あと少しだけ…」











いけないってわかってても抑えられない。











大好きだから











愛してるから











あなた「んっ…フジっ…、くんっ……」











フジ「っはぁ…そんな声出したら我慢出来ないってば……」











あなた「んんっ…風邪っ…移っちゃうっ……」











抵抗しようとしてるのか俺の手を握ってきた。











でも力が弱すぎて抵抗になってないw





















その弱い力が可愛くて











顔は真っ赤になってて











風邪なんかどうでも良くなってた。











もう移ってもいい。











というかきっと移ってる。











あなた「ん、はぁっ…」











フジ「ごめんね、苦しかったよね。」











あなた「あ、えと…えっと……」











フジ「じゃ、じゃあリビングで待ってる」











あなた「わ、かった……」





















ごめんね、でも可愛くて綺麗なあなたちゃんも罪深いよ?









雨宮麗華💙ライカ💙
はい、えr((殴

ちなみに※の意味はピンク、濃ピンク注意の印ですす。


フジの新作ほぼボツネタになりますたwww
なんか終わりが見えないので…w


誰ENDかの投票はまだまだ募集中でござりまする。
(ヨーキーリード中)

締切は11月(仮)でつ。


表紙をアップデートすると言っていたのでキヨ、フジ、レトさんを塗り終わりますた。




第56話 おまけイラスト
(トレス画像お借りしました)


線画から描けてうれぴーなっつでした(゚∀。)


しっかし小説といいイラストといいどいつもこいつもえr((殴

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

雨宮麗華💙ライカ💙
雨宮麗華💙ライカ💙
注意書き↓↓↓ ※我が書く作品は全てフィクションです。実在の人物、団体、事件とは一切関係ございません。 ※我の作品を読んで不快な思いをされてしまってもこちらは一切の責任を負いません。 ※我の作品を読んでご本人様に迷惑行為をする事は禁じます。絶対にやめてくださいな。 ※我の作品を他のネット上に転載する時はコメント欄に詳細を書いてください。判断させていただきまする。(ぜってえ無い。) ※キャラ崩壊、イメージ崩壊はご了承の上読んでください。 ※我の作品を参考にして作品を書く場合は出来れば報告お願いしまする(見てみたいので…((殴) ※我の名前、作品名をこのサイト内で出すのはご自由にどぞお。うれぴーなっつです。 ※「🔞」「※」の印があるものは十分にご注意ください。 (🔞…性描写、暴力描写等の18歳未満の方には向かないコンテンツ) (※…多少の性描写、暴力描写等) 上記の通り、我の作品を読む方は自己責任でお願い致します。 自己紹介 名前 雨宮麗華💙ライカ💙 (アメミヤ ライカ) 性別 女かもしれないし 男かもしれないですよ((エッッッ 趣味 小説の読み書き イラストの鑑賞、作成 作詞 歌う事 YouTube、ニコニコ動画の視聴 音ゲーの譜面制作 特技 趣味のどれか Twitterアカウント @lovelive_kiyo YouTubeアカウント ライカ。 尊敬している方 坂本 先生 陽々 様 れるりり 様 その他 百合が好きです。 BLはまあまあ…………? ぬこが好きです。 イッヌも好きです。 細かい作業が好きです。 彼女が居ます。 綾鷹とミルクティーを愛してます(っ'ヮ'c)ウゥッヒョオアアァアアアァ 私の作品が好き、という神様は 宜しければですが ライ人 (読み方は(ライジン)) と、プロフィール欄、お名前のお隣に書いてくださると 主がぴょんぴょん飛び跳ねます ライ人様、読者様へ いつも我の作品を御愛読頂き誠にありがとうございます。 いいね、コメント、お気に入り等 いつも励みになっております。 こんなお騒がせ野郎ですが、 今後とも何卒よろしくお願い致します。 ファン えみりー より民 五月雨民 ター民 櫁蜂🐝
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る