プリ小説

第33話

最俺のお隣さんはツンデレ
第82話 失恋
youside
























昨日、駅前のカフェでキヨと美月さんを見た。











キヨも美月さんも凄く楽しそうに話してて











二人とも瞳が輝いて見えた。











だめってわかってても











やっぱり心配で











全く眠れなかった。











だってなんか楽しそうにしてて…ね……?











あなた「はぁ……」











ため息をついてベッドへ寝っ転がる。





















あなた「私…弱いなぁ……」











本当に弱い。











豆腐メンタルどころじゃない…。











今日は休みだし











レトさんの猫ちゃんでも見に行こっかな…







































レトルトside














あなた「癒されるー…」











俺からしたらあなたちゃんの方が可愛い…なんて言えへんけどw











レトルト「なんかあったん?」





















あなた「最近キヨと付き合い始めたんだけどね…」





















……待ってや。











付き合い…始めた……?











あなた「レトさん?」











レトルト「……あ、ど、どした…?」











あなた「キヨが幼馴染みの美月さんと会ってるの見ちゃって…ね」











キヨくん……俺のあなたちゃん奪っときながら浮気までしとるんか…………!?











いやいや…キヨくんはそんなことする奴やない……。











レトルト「きっと…勘違いやよ……」











あなた「そうかな…そうだといいな……」











レトルト「…そんなにキヨくんがええの…?」











あなた「1度好きになったらずーっとキヨの事ばっかり考えちゃって…」





















レトルト「俺だってあなたちゃんの事ずっとずっと考えてたんやで…?」











戸惑った顔をするあなたちゃん。











ずっとその愛らしい顔を見ていたい。











無意識に俺は





















あなた「レト、さん……?」





















あなたちゃんを床へ押し倒していた。











だめや……あなたちゃんはもうキヨくんが………











レトルト「あなたちゃん……っ…」





















あなた「れ、レトさんっ!後ろ…!」











レトルト「ん?」





















猫「にゃあっ!!」











レトルト「どしたんーw」











猫「にゃ…」











猫ってだめだってわかるんかな。











偶然だとしても











俺を止めてくれた気がした。







































あなた「それじゃあね!」











レトルト「うん、またね」











バタンッ…











ドアが静かに閉まる。











レトルト「あなた…ちゃん……」











あなたちゃんがいなくなるだけで一気に静まり返る部屋。











部屋の中で響くのは自分の声だけ。











猫「にゃぁん」











レトルト「ありがと…な……」











猫がいなかったら俺はどうなってたんやろう。











今日はお高いご飯でもあげよかな。





















レトルト「キヨくんの、ばか…っ……」





















その夜、俺は静かに泣いた。









雨宮麗華💙ライカ💙
あああ悲しい。

だがそれがいい。

失恋って悲しいのになんで美しく感じるんじゃ。。。


残りのお二人方も同じ事になるなんてえええア゛ア゛ア゛ア゛ア゛

もちつけ、我…
雨宮麗華💙ライカ💙
というかこのお話一体何話で終わるんですかね。

結婚して、子供が産まれて…的な流れも書くと思うので相当長い道のりな気がしてきますた。


それでは!( ๑≧ꇴ≦)ゞじゃあのー!!!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

雨宮麗華💙ライカ💙
雨宮麗華💙ライカ💙
注意書き↓↓↓ ※我が書く作品は全てフィクションです。実在の人物、団体、事件とは一切関係ございません。 ※我の作品を読んで不快な思いをされてしまってもこちらは一切の責任を負いません。 ※我の作品を読んでご本人様に迷惑行為をする事は禁じます。絶対にやめてくださいな。 ※我の作品を他のネット上に転載する時はコメント欄に詳細を書いてください。判断させていただきまする。(ぜってえ無い。) ※キャラ崩壊、イメージ崩壊はご了承の上読んでください。 ※我の作品を参考にして作品を書く場合は出来れば報告お願いしまする(見てみたいので…((殴) ※我の名前、作品名をこのサイト内で出すのはご自由にどぞお。うれぴーなっつです。 ※「🔞」「※」の印があるものは十分にご注意ください。 (🔞…性描写、暴力描写等の18歳未満の方には向かないコンテンツ) (※…多少の性描写、暴力描写等) 上記の通り、我の作品を読む方は自己責任でお願い致します。 自己紹介 名前 雨宮麗華💙ライカ💙 (アメミヤ ライカ) 性別 女かもしれないし 男かもしれないですよ((エッッッ 趣味 小説の読み書き イラストの鑑賞、作成 作詞 歌う事 YouTube、ニコニコ動画の視聴 音ゲーの譜面制作 特技 趣味のどれか Twitterアカウント @lovelive_kiyo YouTubeアカウント ライカ。 尊敬している方 坂本 先生 陽々 様 れるりり 様 その他 百合が好きです。 BLはまあまあ…………? ぬこが好きです。 イッヌも好きです。 細かい作業が好きです。 彼女が居ます。 綾鷹とミルクティーを愛してます(っ'ヮ'c)ウゥッヒョオアアァアアアァ 私の作品が好き、という神様は 宜しければですが ライ人 (読み方は(ライジン)) と、プロフィール欄、お名前のお隣に書いてくださると 主がぴょんぴょん飛び跳ねます ライ人様、読者様へ いつも我の作品を御愛読頂き誠にありがとうございます。 いいね、コメント、お気に入り等 いつも励みになっております。 こんなお騒がせ野郎ですが、 今後とも何卒よろしくお願い致します。 ファン えみりー より民 五月雨民 ター民 櫁蜂🐝
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る