プリ小説

第11話

11
近藤→んまぁ。ここに住んだ方が華が出るんじゃない?美人さんだし(ゴニョゴニョ)

土方→ったく。俺が決めるんじゃないんで。

近藤→そうだな。じゃあ住んでもおう。

近藤→おーい。その2人ー。喧嘩はもうその辺にしといてー。

あなたチッ。一時休戦ね?

沖田→ふん。分かったでさぁ。

近藤→そんでね?あなたちゃんここに住める?

あなたえ?んーまぁいいですよ。

近藤→おぉ!!こんな男しかいないとこだけどよろしくね!!!

あなたは、はい。

近藤→んじゃ、あなたちゃんの部屋はここね?

あなたはーい。

沖田→なんで俺の隣なんでぃ?

あなたうわ。最悪。

沖田→まぁ。いいですぜぃ。仕事をてめぇに押し付けられるし。

あなたはぁ?お前それでも1番隊隊長かよ。

沖田→まぁ。おれぁずる賢いんで。

あなたそれ自分で言うかよ。








近藤→これは楽しくなりそうだな!

土方→そうだな。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ビビちゃん
ビビちゃん
銀魂 Fischer's 進撃の巨人 斉木楠雄のΨ難 スターウォーズ 色々な妄想小説を書きます! リクエスト、いいね、お気に入り😍 よかったらお願いします!
ノンジャンルの作品もっと見る
プリ小説公式作品を読もう!