無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9
隊士にめっちゃなりたかったわけじゃないけどなってしまった…

え?しかも1番隊副隊長?は?

土方→あんた。名前は?

あなたは、はい。あなたと申します。

土方→よろしくな。俺は土方十四郎。1番対副隊長だけど大丈夫か?

あなたよろしくお願いします。はい!頑張ります。

近藤→いやー。女の子なのに凄かった!私たちを指導してほしいぐらいだ!俺は近藤勲。

沖田→おれぁ沖田総悟でさぁ。俺の刀が真っ二つでさぁ。これどーしてくれるんですかぃ?(ニヤッ)

あなたえ、えっとー。

土方→おい。初対面でもうドSかよ。

沖田→うるせー。死ねー土方コノヤロー!

ドッカーーーーーン!!!!!

ま、まじか。バズーカーをこの距離で撃つか?

あなた仲いいんですね。

近藤→まぁ。いつもこんな感じだ笑笑

あなたなんか楽しそうだし良かったです。

近藤→んじゃこれから自己紹介してもらうから

あなたはい!わかりました。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ビビちゃん
ビビちゃん
銀魂 Fischer's 進撃の巨人 斉木楠雄のΨ難 スターウォーズ 色々な妄想小説を書きます! リクエスト、いいね、お気に入り😍 よかったらお願いします!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る