無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8
土方→ったくよー。ザキ!何やってんだよー

ザキ→す、すみません!!

あなたあーなんか悪いことしちゃいました?

土方→いや、そーゆーことじゃない。

すると

沖田→俺が相手しまさぁ。

あなた新選組でも凄い剣の腕前って聞いたことあるし、これは…面白そう(ボソッ)

沖田→いくぜぃ。

あなた(さっきとは比べ物にならない!)

けどまだ私の方が強いかな?w

あなたは夜兎族ではないけど夜兎ぐらいの力がある。ふつうの人間だ。ふ!つ!う!の!

5分ぐらいして沖田にも隙がみてたので上から思いっきり刀に向かって自分の刀を振りかざした…

ガチッーーーーーン!!!!

沖田の刀が真っ二つに割れた。

沖田→これはすごいでさぁ。土方クソやろー。こいつで決まりでいいんじゃないですかぃ?

土方→そうだな。

近藤→よし!!きまりだ!!!

すると隊士達がウォォォ!!とめっちゃ興奮してたww

いや、私が1番びっくりだわ。



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ビビちゃん
ビビちゃん
銀魂 Fischer's 進撃の巨人 斉木楠雄のΨ難 スターウォーズ 色々な妄想小説を書きます! リクエスト、いいね、お気に入り😍 よかったらお願いします!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る