無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

好き?
伏見さんと過ごす、

このちょっぴり変、だけど居心地がいい。

そんな日常がすごく楽しい。

なんてことを友人の種田 誠タネダ マコト
お昼を食べているときにぼーっと考えていた。

「大和って伏見好きなの?」

…ん?

「好き? ……え!?」

「いやなんか、2人セット感あるし。」

「…僕は伏見さんを好きなのかな? 」

「え、違うの?」


考える。
伏見さんの優しさ、柔らかい笑顔、愛らしさ。


「わかんないけど、好き…かも」

「その見た目で乙女みたいな反応ずるいわー」

とケラケラ笑う種田。



そうか、僕は彼女に恋をしているのか。







ピュアな大和くんに
いつも癒されている種田でしたとさ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まる。
入賞者バッジ
まる。
♡、☆、コメント、フォロー 本当にありがとうございます…! 凄く嬉しいです! 更新頻度バラバラです…。 読んでいただけると嬉しいです( ¨̮ )( ¨̮ ) よろしくお願いします!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る