無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

想いを告げる

…気まずい。
…非常に気まずい。

「あの、伏見さん…」

「んー?」

「あの、僕…伏見さんのことが…」

恥ずかしくて語尾が小さくなってしまう。
そこが大事なのに…。

冴えない僕は、こんなところまで冴えない。

情けない。



でも、種田が応援してくれたんだ。

「…あのね、伏見さん」

「なに?」

「僕、伏見さんのこと、好きなんだ」


沈黙



え、もしかして聞こえなかった?
それとも断る言葉考えてる?

どうしよう…


そう思って伏見さんを見ると、驚いた。

伏見さんは真っ赤になって俯いていた。


「あの、その、すごく嬉しくて、
大和くん、優しいしかっこいいし、
ヒーローみたいだしご飯美味しいし…」

「待って、恥ずかしいからあんま褒めないで」




そこで、僕たちに疑問が生じた。

「私たち付き合うのかな?」

「…付き合うってなにするのかな?」




真剣な顔で考える伏見さん。
…何してても可愛いな。

「手始めにぎゅってしてみる?」

「ぎゅって何…わっ」




伏見さんのいう
"ぎゅっ"というのはハグのことらしい。

背の低い伏見さんは、
すっぽりと僕の腕の中に入った。



恥ずかしくて、こそばゆいけど、
なんだか暖かくて幸せな気持ちになる。


僕も抱きしめ返す。
多分、僕も伏見さんも顔が真っ赤だろう。

頬がすごく熱い。



顔が見えない状態のまま話し続ける。

「僕、誰かと付き合ったこととか無いし、
わからないことだらけなんだけど…」

「大丈夫、私も大和くんが初恋ですよ」

「伏見さん」

「んー?」

「…好き、です」

「私も…好き」




付き合うって何かわからないし、
何をするのかもよくわからない僕ら。

とりあえず今わかるのは、
"伏見さんのことを好き"


それだけ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まる。
入賞者バッジ
まる。
♡、☆、コメント、フォロー 本当にありがとうございます…! 凄く嬉しいです! 更新頻度バラバラです…。 読んでいただけると嬉しいです( ¨̮ )( ¨̮ ) よろしくお願いします!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る