無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

放課後
ある日の放課後…

「おい、大和と佐藤。
きょうお前ら日直だから教室掃除よろしく!」

日直の仕事じゃないと思うけど…という
先生へのツッコミは言わないでおく。

「わかりました。」

「私きょう予定あるのに…!!」

「佐藤さん、帰っていいよ。
掃除僕だけで大丈夫だから。」

「ありがとう大和!さすがは我らが大和…!」

という謎のセリフを残すと佐藤さんは急いで帰っていった。






…さて、掃除するか。


と思ったらドアが開いた。

現れたのは伏見さんだった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まる。
入賞者バッジ
まる。
♡、☆、コメント、フォロー 本当にありがとうございます…! 凄く嬉しいです! 更新頻度バラバラです…。 読んでいただけると嬉しいです( ¨̮ )( ¨̮ ) よろしくお願いします!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る