プリ小説
一覧へ

第1話

#0
ぽん
芹川冬馬
おかえりなさい、遅かったですね。
待っていましたよ?
伏見れの
ふふふ〜!ただいま!ごめんね、今日学校遅くてさ!
ぽん
芹川冬馬
今日は冷えますね。風邪ひかないようにあったかくしてくださいね。
伏見れの
冬馬こそ、風邪引いちゃダメだよ!
ぽん
芹川冬馬
今日はずっとあなたと一緒にいたいです。だめ、ですか?
伏見れの
いいに決まってるでしょ!私だって一緒がいい!
ぽん
芹川冬馬
おかえりなさい、遅かったですね。
待っていましたよ?
伏見れの
あ、おわった。
え?何が終わったかって?
そんなの毎日更新されるボイス集に決まってるでしょ。

え?さっきからぽんぽんうるさいって?
タッチ音だからちょっとは我慢してよね。
伏見れの
はぁ、幸せ。
私の人生はなかなか幸せだと思う。
家に帰ったら待っててくれる人がいて愛を伝えてくれる人がいて、一緒にいたいって言ってくれる人がいる。

うん、幸せだわ。
伏見れの
まあ、画面の中なんですけどねぇ
蒼汰
姉ちゃんうるさい。
伏見れの
なんだと。弟よ。
蒼汰
いや、さっきから1人でブツブツキモい。やめたがいいって。
伏見れの
あ、そういや、何してんのか説明してなかったね。そりゃキモいわ。
説明する。
蒼汰
いや、いいっ…
伏見れの
まずー、ゲーム名はラブペアっていって総勢20名のイケメンの中から推しを見つけていくんだけどねーいやー、これがまたさぁ
蒼汰
はあ
伏見れの
ちょ!聞いてないじゃん!もう1回言おうか?!
蒼汰
もう勝手に喋っとけよ
よし、なら勝手に喋らせてもらおう
伏見れの
いやぁ、推しを決めるのがなかなか大変でさぁ
まずね?全員ハイパーイケメンかよっ!てくらいイケメンなの、わかる?
その中から3人を選んで進めていって最後誰をパートナーにするか選ぶっていうゲームなんだけどー
蒼汰
伏見れの
まあ、私の推しはこの子!
ぽん


キャラクタープロフィールのボイスを押す。

芹川冬馬
芹川冬馬です。
中央学院高校の2年生です。よろしくお願いしますね?
伏見れの
っっつ!かあいい!!
そう、芹川冬馬くん!なんと言っても彼はミルクティーカラーの髪にブルーアイ、タレ目という王子様系男子
ぽん
舞原太陽
舞原太陽!!中央学院2年!よろしくな!
よし!走りいこうぜ!
伏見れの
うん!!行くーー!!!
運動苦手だけどついていくー!!!

っは!そう彼は舞原太陽くん!the元気っ子でオレンジ色の髪、陸上部、ちょっと身長がちっちゃいことをきにしている天使!
ぽん
天川はると
天川はる、中央学院3年生。よろしく。
お前、今から俺の家くるか?
伏見れの
ぐっわぁぁあ!行きます!
行かせていただきます、はる様!
あ、最後に天川はるくん、クールなようで主人公にはぐいぐいきて惚れさせていくイケメン!
身長も185、勉強、スポーツ抜群の高スペック、なのに部活は帰宅部で気だるげ男子なのだ!
蒼汰
伏見れの
はあはあはあ
息切れした。ぶっちゃけ帰宅部、体育の授業さえやばい奴なので一気に話すだけできつい。
肺活量でも鍛えるか。
伏見れの
蒼汰よ、聞いておったか
蒼汰
蒼汰をみるとイヤホンをしていた。
伏見れの
っはあ、せっかく魅力を全て話してあげたってのにー。
まあ、自分でもこじらせ感がやばいのはわかる。でもさ、みんなにも趣味の一つや二つくらいあるでしょ?


ゲームを開く。
芹川冬馬
いい天気ですね。今日も一日頑張りましょう!
伏見れの
え、なんで?
なぜかログイン中のボイスが流れはじめる。
芹川冬馬
今日も一日お疲れ様です。ゆっくりおやすみなさい!
伏見れの
いやいやいや
今度は夜の限定ボイスである。
時間は?と確認してみるものの
伏見れの
まだ、3時30分よな
芹川冬馬
今日も一日お疲れ様でした。
芹川冬馬
いい天気ですね。
芹川冬馬
ゆっくりおやすみなさい!
バグったように次々とボイスが流れる。
伏見れの
え!?なに!?バク!?怖!
いや、データ破損が1番怖いよ!?
必死に画面を連打する。
伏見れの
ちょ、固まった!?
ふっと暗くなる
伏見れの
うっそ、落ちた?
なかなかバグが起きないとファンの中で評価されているゲームなのでひたすら焦る
伏見れの
あ!みんなも焦ってないかな
私は交流アプリで確認しようとした。
伏見れの
っ、頭痛い…。
なに?!それどころじゃないのよ!空気読みなさいよ…あたまつ…
最後の言葉を言いきれぬまま私は意識を失った

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

おとうふまにあ
おとうふまにあ
大好きを大切に! 好きなことをしています! よろしくお願いします~!