無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

🦞✏
今日は、雑誌の撮影、テレビ番組の撮影と、いつも以上に

疲れた日だった。

















でも、そんな疲れた日でも、いつも家で料理を作って待っ

ててくれている、彼女がいると思うと、疲れていることな

ど忘れて、走って帰る。









ガチャ








目黒「ただいまぁ~」



阿部「おかえり、蓮!(上目遣い)」






いつもは、阿部ちゃんもメンバーと居て、嫉妬することが

多い。俺嫉妬度100パーじゃん。






そんなことを思いながらも、亮平を見る。







目黒「亮平疲れたぁ~チュ」


阿部「おつかr、っん//!」


目黒「ふふ!可愛い♡ さっ!ご飯食べよ!」


阿部「う、うん!///」













いつまで経っても、目黒からの不意打ちキスに慣れない亮

平でした。









こんな甘々カップル推してみませんか?












ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





さくしゃ。
さくしゃ。
え、下手すぎん?
さくしゃ。
さくしゃ。
こんなんで良ければ、リクエスト受け付けるので、コメントお願いします🙇‍♀️


甘々系や、あっち系もいけます!(((あっち系とは
さくしゃ。
さくしゃ。
お気に入り登録、いいね、フォローもお願いします!
さくしゃ。
さくしゃ。
じゃ、また!!