第13話

温もり(R18)
2,662
2019/02/08 15:16
パチッ_____________


目が覚めて 隣を見ると



ジフン先生
ん...


え、腰に腕 巻かれてるんですけど。
you
ちょっ// せんせっ…
ジフン先生
ん?え、
you
さすがに心臓持ちません...//



すると先生は顔を青ざめて その後 すぐに赤くなった


バッ(布団から出る
ジフン先生
なんで隣にいんだよ!//
you
それは 先生が私を
引っ張ったからじゃないですか!
ジフン先生
は?そんなことしてねぇー!//


(いや、してました。
you
ほんとです!
ジフン先生
マジかよ...だから帰れって言った...///
you
それって...私のこと好きなんですか?
ジフン先生
な、なに言って...///
you
図星ですね。
ジフン先生
違う...
you
私だって...もう大人です!
ジフン先生
お前は まだ子供だ
you
子供扱いしないでください!
ジフン先生
大人の世界分かってんのか?
you
わ、分かってます!
ジフン先生
じゃあ...逃げんなよ?
you
え...






ドンッ_______________


ベッドに 押し倒される
ジフン先生
チュッ(キス
you
んっ...//


どれだけ体を押しても 私の力じゃ叶わない
ジフン先生
チュ...ん(舌ねじ込む
you
んっ...ハァ//


これが大人のキスなの...?


手と腕は頭の上で抑えられ、

先生の思うがままに されていく


ジフン先生
チュッ...パッ(舌絡
you
ん...ぁハァ//


先生の舌が私の 口の中をかき混ぜてくるから

’やめて’ の言葉が言えない

ジフン先生
ん...チュッ
you
いたっ...

チクッ



首筋に痛みを感じた。たぶん噛まれたのだろう
ジフン先生
これで...分かった?

と耳元で囁く





you
先生...


私はどうしたのだろう。何かを求めている。


you
もっと...教えてください
you
大人の世界を




そして_______________



そのあとの記憶はない。






でも、先生の温もりだけは覚えている









▷NEXT



作者
作者
変なとこで切ってすいません。
作者
作者
R18を期待していなかった方
申し訳ございません。

プリ小説オーディオドラマ