無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

30
2018/02/25

第6話

6話。
……………





し、心臓病か……





やっぱり涼介には言わないでおこうかな。



心配かけたくないしね。
……………





ガチャッ。




涼介がもどってきたみたい。







平常心、平常心。
山田涼介
山田涼介
あなた!大丈夫?
あなた

うん!うちは全然平気だよ!

あなた

その前に今日なんの仕事だったの??

山田涼介
山田涼介
え〜。どうしよっかな〜。
だって、ドラマの続きとかあるし。
私は涼介の仕事の話を聞くのが大好きだった。だから、甘えた目でダメェ?と、聞いてみる。
あなた

え〜ダメェ?りょうすけぇ?

カッカワイスギンダロ\(//Д//)/♥
山田涼介
山田涼介
もー。じゃあ、少しだけね!
山田涼介
山田涼介
ドラマの撮影でね!( •﹏• )それでね…



仕事の話をしている涼介は目が輝いている。
メンバーの話をしているときみたいに。




こんな涼介は、スゴく楽しそうにしている。



見ててこっちも楽しくなる。





私はちょっとドキッのした。



こんな気持ち初めてだな。