無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

37
2018/02/24

第4話

4話。
りょうすけは、私が起きるまでまっててくれたんだ。







ほんと、優しいな。
山田涼介
山田涼介
俺、仕事あるから行ってくるわ。
山田涼介
山田涼介
終わったら戻ってくるからな?
あなた、ごめんな。
あなた

ううん。全然平気だよ。(*‘ω‘ *)

なんで謝るの?




仕事、か…     やっぱりアイドルだなぁー。






ちょっと一人だったら、寂しいな。





でも、迷惑かけられないしね!






やっぱり住む次元がちがうな…
山田涼介
山田涼介
じゃ、じゃあ後でな。
あなた

う、うん!
仕事頑張ってね!

私は笑顔で涼介をみおくった。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


作者通りまーす!


あなたさん!いつも見てくれてありがとうございます!!!!

なんか、変なお話ですよね😨😅😅😅

更新のペース遅くてすみません‼

続きを考えてたのに眠ったら真っ白になってしまって…すみません!


なんか、リクエストありますか?

あなたさんが、こんなストーリーにして欲しいとか?ないですか?

最後の終わり方は想像はついてるので終わるまでの時間をリクエストしたいと思います!

全てに答えられるわけではないので、あくまでも参考程度にリクエストくれると嬉しいです!

よろしくお願いします!


じゃあ、
こんなペース遅めなひろろん←自分で言うの恥ずい。
を、どうかよろしくお願いします‼