無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

EP.2





JK「邪魔」









昼休み自分の席で音楽を聴いていると
ジョングクくんに椅子を蹴られた




.




「、、、ごめん。」




.





(私は自分の席居ただけなんだけど、、、)




.




そんなことも言える筈は無く
少し不満を抱えつつも、席を離れた。




.





___




「やっぱ屋上はいいなぁ、
誰も来ないし、風が気持ちいい。」




.




ジョングクくんに追い出された私は
特に行く宛も無いので

お気に入りスポットの屋上にきた




.




うちの高校では屋上は人気がない、
なのでいつも人が居ない、

普通の人から見たら殺風景だろうけど
私からしたら最高




.




((prrr prrr


屋上で1人、空を眺めていると
電話が来た




.




「もしもーし。」


(あ、あなた!やっと出た!)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ぴちょは👧🏻
ぴちょは👧🏻
不定期更新でごわす。 公開予定作品 TWICEのおバカ担当 なにかしましたかテヒョンくん チョン、ふざけんな こちらの三本です。 占ツクで書いている作品、没作品等を こちらに更新してます。 諸事情により 続きが書けないと判断した作品は 消去させて頂きました。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る