プリ小説
一覧へ

第2話

2話
いつの間にか寝ててジミンとも距離出来てるし。
いつも相談乗ってくれるグクに申し訳ない
あなた

ポツ

ウォ二ョン
ウォ二ョン
え、あなた?
あなた

え、ㅋㅋどうしたんだろ

ただ、自分の気持ちに気づいて欲しいだけで
なんで、私だけ我慢してるのかなってふと思う
あなた

ご、ごめん。

JK side
嘘だろぉぉ。
なに。泣いちゃってんの。朝から。

グク
グク
ちょ、行ってくる
ジミン
ジミン
お前行くなよ
グク
グク
ジミン
ジミン
俺が彼氏だろ。それに。あいつも1人になりたいんじゃねぇの?
ウォ二ョン
ウォ二ョン
嘘でしょww

追いかけに行くのが彼氏なのにw引き止めるし。自分は、行かないし。ㅋㅋ
ウォ二ョン
ウォ二ョン
だから、あなたが離れていくんだよw
ジミン
ジミン
あいつは、俺から離れていかない
グク
グク
もぅ知らね!
俺は、無我夢中に走るしか無かった。
あいつが居るのは、きっと。ここしか
屋上ガチャ
あなた

ふぇ…
ぐ…グク…

グク
グク
ごめんなㅋㅋ彼氏じゃなくて
あなた

だ、大丈夫…

ギュッ

俺は。不意にあなたを抱きしめた。

こんなに好きになった奴いない。

だから、何があっても、守らないと行けない

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

이서연
이서연
特技…体操 競技かるた((B級 バドミントン こんな感じですがよろしくお願いします〜 気ままに、投稿します! 下手なので、そこは、大目にみてください! みてくれてありがとう! 안녕!