無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

173
2020/08/08

第7話

<7>
〇side

それから1週間後玄樹くんと手越が起きた

2人とも足が動きにくく車椅子に乗らないと行けなくて、でもリハビリを続ければまた歩けるようになるみたい

♡「ねぇ、慶ちゃんはどうなったの?」

〇「小山は今入院している」

♡「なんで?」

岩橋「なんかあったんですか?」

2人に事情を話した

♡「慶ちゃんとなんで同じ病室じゃないの?」

神宮寺「それは僕が嫌だと言って……」

岩橋「じん最低!!そんなやつなんて知らなかった」

神宮寺「だって玄樹がこんなことになって許せなくて」

岩橋「先輩も同じなんだよ?ダメでしょ!今すぐ同じ病室にしてもらってきて!」

神宮寺「うん」

小山の担当医にお願いして許可が出た

早速小山に伝えに行った

▽「俺後押すよ」

♡「ありがとう!」

神宮寺「俺も押す」

岩橋「えーやだ!」

神宮寺「そ、そんなー……」

岩橋「ふふっ、いいよ!」

神宮寺「やったー!!」

目の前でいちゃつきやがって!
俺だって小山といちゃつきたいけど今は我慢してんだよ!

小山に許可が出たことを伝えると

□「いいの?俺なんかきっといない方がいいよ?」

♡「そんなことないです!」

岩橋「そうです!じんの言ったことは忘れてください!」

♡「一緒に治すの頑張ろう!」

□「……コクッ」

小さく頷いた