無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

番外編1
私、黒崎奈帆
ある日、階段から足を滑らせてしまったことで恐怖の人狼ゲームに参加させられることになってしまった









































はずだった
だが、よくよく記憶をたどっていくと、私は階段から足を滑らせた…わけではなかったのだ
そう


























夏野美奈
この名前に聞き覚えはないだろうか



























私は美奈に突き落とされたのだ