無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

3日目〜準備〜
トポトポトポ
佐奈が、紅茶をコップに注いでいる
出来上がった紅茶の中に、カプセルの中の粒を入れる
これが私の作業


大量のカプセルはすぐさまゴミ箱へ捨てる
天海佐奈(あまみさな)
天海佐奈(あまみさな)
よし、これで終わり
黒崎奈帆(くろさきなほ)
黒崎奈帆(くろさきなほ)
私も終わったよ
じゃあ…どうやってみんなを集める?
天海佐奈(あまみさな)
天海佐奈(あまみさな)
私たちがみんなを呼び出すと人狼なのがバレるから…誰かがこの部屋に来るのを待とう
黒崎奈帆(くろさきなほ)
黒崎奈帆(くろさきなほ)
うん
そう言うとすぐ、部屋をノックする音が聞こえた
黒崎奈帆(くろさきなほ)
黒崎奈帆(くろさきなほ)
はい?
綾瀬花音(あやせかのん)
綾瀬花音(あやせかのん)
お邪魔しま…って奈々はいねーの?
黒崎奈帆(くろさきなほ)
黒崎奈帆(くろさきなほ)
なんで花音ちゃんが?
綾瀬花音(あやせかのん)
綾瀬花音(あやせかのん)
いや、さっき奈々が、1番部屋に遊びにおいでって言ってたから来ただけ
奈々いないなら帰るわ
天海佐奈(あまみさな)
天海佐奈(あまみさな)
ちょっと待って
ちょうど良いところに来てくれた
佐奈はチラッと私に目をやった
黒崎奈帆(くろさきなほ)
黒崎奈帆(くろさきなほ)
(コクリ)
綾瀬花音(あやせかのん)
綾瀬花音(あやせかのん)
何?
天海佐奈(あまみさな)
天海佐奈(あまみさな)
今、紅茶入れたの
飲んでかない?
綾瀬花音(あやせかのん)
綾瀬花音(あやせかのん)
まじ?
私紅茶好きなんだ!お言葉に甘えて飲んでくわ
黒崎奈帆(くろさきなほ)
黒崎奈帆(くろさきなほ)
あ、待って
花音ちゃんと同じ部屋ってかのちゃんだよね?かのちゃんも呼んで一緒にどう?
綾瀬花音(あやせかのん)
綾瀬花音(あやせかのん)
いいね!
天海佐奈(あまみさな)
天海佐奈(あまみさな)
あ、じゃあついでに、2番部屋のみんなにもこのこと伝えておいて
ここのみんなでお茶会しよう
綾瀬花音(あやせかのん)
綾瀬花音(あやせかのん)
おっけー!
通り道だしちょうどいいや
黒崎奈帆(くろさきなほ)
黒崎奈帆(くろさきなほ)
でも、この部屋じゃ狭いかな?
天海佐奈(あまみさな)
天海佐奈(あまみさな)
じゃあ、ホール集合にしよう
綾瀬花音(あやせかのん)
綾瀬花音(あやせかのん)
そうだね
じゃあ私言って来る!
またホールで!!
そう言って花音ちゃんは部屋を飛び出して言った
黒崎奈帆(くろさきなほ)
黒崎奈帆(くろさきなほ)
作戦成功!
天海佐奈(あまみさな)
天海佐奈(あまみさな)
何もかもがうまくいきすぎてて怖いぐらいだね
黒崎奈帆(くろさきなほ)
黒崎奈帆(くろさきなほ)
ねw
とりあえず、ホールにこれ持ってこ
天海佐奈(あまみさな)
天海佐奈(あまみさな)
うん
そして、私と佐奈はホールへと謎の薬が入った紅茶を運んだ