無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第37話

そして
幼い頃の私には、お父さんの身に何が起こっているのか全くわかっていなかった












数日後










父は屋上から自殺したとニュースでは報道されていた
真実を知っているのはこの世界でたった1人














私だ























母に叱られるのを恐れた私は、このことを一生隠し通すと自分に誓った
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それからというもの、
私は階段や屋上がトラウマになっていた























だが、家の階段でこんなことになるなんて思ってもいなかった