無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

1日目〜物置〜
ガチャ
私は恐る恐る、物置のドアを開けた
天海佐奈(あまみさな)
天海佐奈(あまみさな)
失礼しまぁす…
宮野奈々(みやのなな)
宮野奈々(みやのなな)
誰もいない…かな?
黒崎奈帆(くろさきなほ)
黒崎奈帆(くろさきなほ)
そうみたいだね
物置は、意外と広く、錆びた金具など が置いてある


昔から使用されてない部屋なのかな
黒崎奈帆(くろさきなほ)
黒崎奈帆(くろさきなほ)
じゃあ、捜査してみよう
天海佐奈(あまみさな)
天海佐奈(あまみさな)
ちょっと待って
宮野奈々(みやのなな)
宮野奈々(みやのなな)
ん?
天海佐奈(あまみさな)
天海佐奈(あまみさな)
一応、ゴム手袋しとかない?
余計な指紋ついたらめんどくさいことになるし
黒崎奈帆(くろさきなほ)
黒崎奈帆(くろさきなほ)
そうだね…
ってか、ゴム手袋どうしたの?
天海佐奈(あまみさな)
天海佐奈(あまみさな)
部屋の引き出しに入ってたよ
宮野奈々(みやのなな)
宮野奈々(みやのなな)
さっすが佐奈!細かいとこまで見てる!
天海佐奈(あまみさな)
天海佐奈(あまみさな)
そんなことないよ
それより、はい
奈々は、私たちへゴム手袋を手渡した
宮野奈々(みやのなな)
宮野奈々(みやのなな)
よっし!じゃあ改めて捜査開始!
天海佐奈(あまみさな)
天海佐奈(あまみさな)
うん
私は真っ先に、緑の布をめくった
なんか物置に来てから妙な匂いがしていた
その匂いはこの布の下から出てるような気がしたのだ
黒崎奈帆(くろさきなほ)
黒崎奈帆(くろさきなほ)
やばっ
天海佐奈(あまみさな)
天海佐奈(あまみさな)
どうした?
黒崎奈帆(くろさきなほ)
黒崎奈帆(くろさきなほ)
これ見て…
そこには…







犯行に使われたと思われる包丁が置いてあった
すると突然
謎の声
みなさん
消灯時間です
部屋へ戻ってください
繰り返します
みなさん
消灯時間です
部屋へ戻ってください
こんなアナウンスが入った
黒崎奈帆(くろさきなほ)
黒崎奈帆(くろさきなほ)
うそ…
もう9時?
宮野奈々(みやのなな)
宮野奈々(みやのなな)
しかも…明日は…狼裁判だね…
天海佐奈(あまみさな)
天海佐奈(あまみさな)
とりあえず、この包丁は置いておいて、部屋へ戻ろう
黒崎奈帆(くろさきなほ)
黒崎奈帆(くろさきなほ)
うん
そして、私たちが部屋へ着いたころ、
謎の声
みなさん、消灯時間ということは、部屋の中での会話は禁止です
しっかり睡眠時間を確保し、明日は気を引き締めてくださいね
という放送も入った
そして私は眠りについた