無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

じゅうご





吐き気が増してきて


トイレで楽にさせたら




📞 ぷるるるるる




画面を見ればてひょんからの着信だった







🐯『 もしもし?』

you
you
     どうした?    


🐯『 子供を今から家に連れてってもいいかな?』

you
you
     え?     


私はてひょんの思考が全く読み取れなかった


どうしてそう思ったのか。



本当に子供作って反省してるのなら


何故、私と知らない女の子供との距離を


少しでも縮ませようとするのか




you
you
      な、なんで?     


🐯『 ユンソが仕事でドユンの面倒を

見ないと行けなくてさ 』


🐯『 この家にまだ俺慣れてなくて、

どこに何があんのかわかんねえからさ 』


you
you
     そうなんだ、  



きっとユンソが相手で


ドユンが子供なんだと思う


you
you
     いいよ。分かった     


🐯『 ほんと!?ありがとう!!』






断りたくても、


子供を優先して考えると


これが正解だったのかもしれない





🐯『 今からそっち向かうね!!』




の一言で。通話は途切れた










@ 30分後





🚪 ぴんぽーん




きっと、てひょんが来たんだと思う


襲いかかってくる吐き気をなんとか抑えて


ドアの鍵を開けた





🚪 がちゃ




teahyong
teahyong
      ただいま ~     


と、言いながら入ってくる彼の腕の中には



小さな赤ん坊がいた


you
you
     あ。おかえり、…ぅ”     


吐き気が収まらない中、


ちょうどてひょんが階段を上って寝室へと向かった


その間に私はトイレに駆け込んだ




you
you
     う”っ、おぉえ”え …     
you
you
    ん”っ、おえ”ぇ、…     
teahyong
teahyong
     あなた?     



いつの間にか


トイレの扉にてひょんが立っていた




teahyong
teahyong
      どうしたの!?     
you
you
     あ、ちょっとお腹壊して、笑     
teahyong
teahyong
     なんだ~     
teahyong
teahyong
     よかった、笑     
teahyong
teahyong
     あ。俺。ドユン見てくる     


私よりも子供の心配をするあなた。



どうやら、いいお父さんになりそうです





next

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 5 歳 児 .
5 歳 児 .
____________ kim tehyong × pakk jimin ____________ ふぁんま : 🐯🌹 ふぁんね : 3歳児 人種 : 🇵🇭 × 🇯🇵 💬 Time you want to meet, but you do not meet Grow love 会いたいけど会えない時間が愛を育てる __ 。 🐌更新 user/a0eded+
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る