無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第42話

よんじゅう






teahyong side








🚪 がちゃ





teahyong
teahyong
      ただいま       
ユンソ
ユンソ
      あ、おかえり      



扉を開けると赤ん坊を抱いているユンソがいる



この光景をあなたと味わいたかった

なんて口が裂けても言えない




teahyong
teahyong
      さっきあなたから電話きた?       



電話で散々ユンソを悪く言ってたもんだから



もしかしたらユンソが何か言われたんじゃないかと心配して聞いてみた



そしたら



ユンソ
ユンソ
      うん、… グスッ      



涙を抑えようと返事をするユンソ


俺は謝ることしかできなかった



teahyong
teahyong
     ごめんな、ほんと      



泣いてる人を抱きしめる


これは俺の癖でもあり





あなたにしか見せたことのない癖だった







next

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 5 歳 児 .
5 歳 児 .
____________ kim tehyong × pakk jimin ____________ ふぁんま : 🐯🌹 ふぁんね : 3歳児 人種 : 🇵🇭 × 🇯🇵 💬 Time you want to meet, but you do not meet Grow love 会いたいけど会えない時間が愛を育てる __ 。 🐌更新 user/a0eded+
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る