無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

手紙 。
452
2018/07/16 02:03
私は子供の頃 ある保育園に転入した
他の保育園から来た訳ではなく

年長さんになって初めて保育園に転入した
今までは 祖母の家で 過ごしていたのだ 。

初めての保育園なのでとても ドキドキした
皆の前に立っているだけで 顔が林檎の用に赤くなり 今すぐここから消えたいというほど 恥ずかしかった 。


私は良くイオンの子供預かり所で よく同い年の女の子に声を掛けて遊んでいた 。
だからきっと保育園でも、友達が作れるだろうと思っていた


まぁ そんなのただの間違いだったが。


すると転入してきてすぐ ある女の子が私に手紙をくれた 。
その子はとても優しくて面白くて絡みやすい子だった 。
今も勿論友達だ 。

手紙を貰った時はとても嬉しかった
私は、そんなに嬉しかったのか夜眠れない程だった 。
─── 次の朝 ───
私は嬉しい気持ちいっぱいでわくわくしながら保育園に、行った 
そこからが地獄の始まりだった