無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

259
2018/07/24 14:12
私は家族の絵を描いていた
クレヨンでね
その時は良くかけたのかと思ったのか絵をずっと見つめていた
物足りない所があればどんどん描いていた

するとまたあいつ等が来た
私の絵を見つめて言った
私がもっと綺麗にして上げるよ

私はその人の事は信用してなかった。
でも、断るのが怖くてそのまま続けさせた

その絵はまるで変わってしまった
恐ろしい絵に
目の周りはぐりぐりさせられ
色も汚くなっていて
最低だった
私は怒りの絶頂に達した
でも何も言えなかった
昔の自分って相当ダサかったのが良くわかる

其奴等は私が黙っている間に去っていった
すると私の元に二人きた
中国のハーフの子と普通の日本人の子だ
一緒に遊ぼうと言われた
そう言われたのは初めてなので
とても嬉しかった、私は勿論許可した

私はその子と楽しく遊んでいた
優しくて一緒にいて楽しい子だった
そんな事をやっているうちに
あっという間に日はくれ朝を迎えた