無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

#8















ガチャ


____________





SEVENTEEN🏠




スンチョル
スンチョル
ただいま!!
ディノ
ディノ
ヒョン!!おかりなさい!!






ディノ
ディノ
あなたヌナ!!
You
You
た…だい…ま?
ディノくん…笑
ディノ
ディノ
え?!ヌナ一緒に住むんですか??
ジョンハン
ジョンハン
そーそー!
そーゆーことなんだよね!!
ジョンハン
ジョンハン
いやいや、まさかね??
ホントに付き合っちゃうなんて笑








___________

















ディノ
ディノ
えぇえぇえぇ!!!
ヌナ…まさかクプスヒョンと??











...


















You
You
そうなの…///
で、みんなと一緒に住もうって…笑







_________














ディノ
ディノ
おめでとうございます!!!
ヒョン!!ヌナ!!👏
You
You
うん!ありがとう😊😊
よろしくね!!
スンチョル
スンチョル
よしっ!じゃあ
部屋案内すんね!





__________











You
You
うん!!
____________














































建物の中なのに

しかも、家の中


さりげなくスンチョルが手を繋いでくれた



とても、暖かかった。



ドキッとした。



あぁ。もしかしたらずっと

私もスンチョルのこと好きだったのかな。


3年前のいつか

スンチョルが私に好意があることを知ってたのに

無視したことがある。

こんな酷いことをしたのに

こんなに幸せでいいのでしょうか。