無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

#14
嘘でしょ…
うぉの
うぉの
会いたかった…
なんて言いながら

抱きついてきた。
You
You
やめてっ!!
You
You
離れてよっ!!グスッ
やめて。

今更優しい声で

会いたかっただなんて言わないで。
うぉの
うぉの
なんで…出てったの

黙って出ていくから

何も手がかりはないし…




あたまりまえじゃない。

あなたと離れたかったんだもの。
























キヒョン
キヒョン
ひょん!!

どこいってるんですか!!


って…あなたちゃん??
You
You
あ、きひょんくん…
うぉの
うぉの
あっちゃったんだよねー笑



その笑顔。忘れられない。

ここから離れないと

またあなたの沼にはまってしまう。











You
You
じゃ、私はここで帰るから。













グィッ
うぉの
うぉの
素直にいーなよ笑

ここどこかわかってないでしょ?
キヒョン
キヒョン
あなたちゃん…

困った時は頼っていーんだよ?



優しいところ変わらないね。
You
You
いや、でも…

彼…
うぉの
うぉの
そーなんだ!

よかったじゃん!!
うぉの
うぉの
あなたが幸せならいーよ。
うぉの
うぉの
彼氏に悪いなー笑

でも、さすがに夜遅いしさ?ね?
You
You
う…うん。じゃあ。









彼氏ができた。なんて言ったら


どんな反応するだろうって。


ちょっと寂しそうにするかなって思った。

だけどそんなことなかったね。

笑顔でよかったねって。

それも本当の笑顔で。

もう、ウォノは何も思わないの?




























うぉの
うぉの
じゃ、いこっか。