無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第40話

護るべきもの⑥戸塚side
俺達はどうして二階堂や宮田・北山と連絡が取れなくなったのか、その原因を調べようと薮の家へ集まっていた。
阿部
おじゃましまーす
塚田
どうぞ上がって~
佐久間
ここ塚ちゃんちじゃないでしょ
塚田
あははっ
それというのも…
宮舘
薮くん大丈夫ですかね?
戸塚
あぁ~やって、ずっと指輪が光るのを待っているんだ


隣の部屋で独り、俺達の会話にも入らず北山の指輪を見続けている薮。
塚田
言っても聞かないんだし、しょうが
ないよ
宮舘
食事は?
戸塚
一応、食べてる
宮舘
‥‥‥
身体に悪いと言って、やっとこさ。
宮舘
薮くんのことは自分が見ていますんで皆さん話を進めて下さい
戸塚
有り難う助かるよ


宮舘は事の次第を聞いて、自分も何かの役に立ちたいと俺達と行動を共にしていた。

しかし…
佐久間
共通点ねぇ
渡辺
なんだろう?
宮近
そう言われても分からないですよね
阿部
だよなぁ、はぁ

調べると言っても何か方法があるわけではなく今、話せるのは玉森と千賀だけだし。

塚田
俺と宮っちとの間には愛がある
阿部
はいはい
佐久間
塚ちゃん何回言ったら分かるんです
宮田くんは僕のです
塚田
はっ?
阿部
2人とも今は、そういう話をしているんじゃないでしょ
戸塚
ははっ


とまぁ~こんな感じで殆んど話し合いの意味が
なく。
如恵留
えっ、今なんて言ったんですか!?
戸塚
どうしたの?如恵留


が、とつぜん大きな声を上げた如恵留に驚き傍へ
行くと。
如恵留
れんれんが見つかったそうです
戸塚
えっ

その言葉に、ほぼ全員が集まって来て。
阿部
どういう事です?千賀くん
千賀
だから空から降って来たんだ
塚田
はっ?なに言ってんの千ちゃん
千賀
本当だって、でも自分のことを親兵衞とか言い俺が傍へ寄ると嫌がるんだよ
戸塚
もう少し分かりやすく説明してくれ
ない?
千賀
いきなり頭が痛いって言うし俺どう
したらいいのか凄く苦しそうで見て
られなくてさ
渡辺
あの玉森くんは?そこにいないんで
すか
千賀
タマ?気がついたらいなくなってた


(何処へ行っちゃったんだよ?千賀の説明じゃ意味が分かんない)

宮近
取り合えず、れんれんには会えたって事ですかね
如恵留
そうみたい
渡辺
けど記憶を無くしてしまっている
戸塚
それじゃ俺達と話すのは無理ってことじゃん
阿部
そういう事かな
戸塚
大丈夫だよ
塚田
トッツー
戸塚
二階堂だって初めは、そうだったんだから
宮近
確かに

(必ず思い出してくれる俺達のことメンバーのことを)
阿部
薮くんは?まだ北山くんの指輪を見つめているんですか?
戸塚
うん

隣の部屋をチラッと見ると片隅で丸くなっている薮、その傍へ近寄り静かに俺は話し掛ける。

戸塚
気持ちは分かるけど、いつまで眺めていても状況は変わらないと思う
でも、もしかしたら


それに続き、他のみんなも寄って来て。

俺、ずっとさっきから呼び掛けているんだ最初のときもそれで繋がったし
佐久間
キツイことを言いますけどいい
ですか?
阿部
佐久間
佐久間
それ偶然だと思いますよ
‥‥‥
佐久間
俺も宮田くんと最初に繋がった時は
そうでした、でも今はどんなに呼ん
でも光りませんから
そんなことはない宏光は絶対に答えてくれる
塚田
佐久間
その指輪はそんなんで光るんじゃないと思います
阿部
やめなって佐久間
佐久間
でも、でもさ
宮舘
今は薮くんの好きにさせておいてあげた方がいい
佐久間
おっ、俺だって…くっ


とたん泣きそうな顔になり言葉を詰まらせる佐久間を慰めるかのように塚ちゃんが優しく抱きしめる。

(薮だけじゃない、みんな同じ気持ちなんだ)

と、次の瞬間!指輪が微かな光を放ち。

ひっ、光った宏光、聞こえる?返事をしてくれ
佐久間
‥‥っ
戸塚
北山、答えて
塚田
北山!
宮近
北山くん

俺らは、口々に叫び続けた。
如恵留
お願いです何か言って下さい
宮舘
北山くん!
頼むから‥声…聞かせてよ‥くっ
渡辺
やっぱりダメなのかな
阿部
そんな

諦めかけた、そのとき。

北山
や…ぶ
宏光!

小さく途切れがちながらも、確かに聞こえた北山の声。

北山
そんな…声‥出す…んじゃ…ねぇよ
だって…だってさぁ
戸塚
北山、聞こえる?俺
北山
トッ…ツー、ふっ
如恵留
北山くん如恵留です
北山
あ、あぁ
如恵留
僕、千賀くんと繋がっています
北山
えっ
渡辺
翔太です俺は玉森くんと
北山
タマ、元気か?あいつ
渡辺
はい、今は千賀くんと一緒にいる
みたいです
北山
そっ、良かっ…た
佐久間
宮田くんは二階堂くんと一緒に行動
しているらしいです
北山
ニカ、会えたんだ宮田に
佐久間
はい、だから心配しないで下さい
北山
Thank You…みんな‥つうか沢山…いる‥な…ふっ‥そこ何処?
戸塚
薮んち皆で1つの所に集まっているんだ、いつでも連絡ができるよう
北山
…あんがと‥
塚田
ったくどれだけ心配かければ気が済むんだか
北山
塚ちゃん
宮舘
元気なんですか?怪我をしたって聞きましたけど
北山
えっ、宮…舘!?
宮舘
はい皆さん心配しています
北山
だい…じょぶ‥だよ…俺は
ほんと?良かったぁ
北山
悪い…薮


声だけじゃ向こうの様子は分からないけど俺達は少しだけホッとしていた、あいつが今どんな状態なのか知らないでいたから。




シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

朱桜
朱桜
歴は10年を越えカッコ可愛い最年長が大好き“これからもずっと見続けていたい”そんな大切な存在だから想いの全てを物語に紡いでいます。 私が描く作品は絶対にKiさんは右で、その隣にいるのはFさん。 同じような気持ちをお持ちの皆さん、一緒に彼らの世界で浸りませんか。 宜しくお願いします―
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る