無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

仲間を想う心④薮side
(宏光が怪我をしたまま行方不明だって!あいつ、
そんなこと一言も)
戸塚
宮近、繋がった?
宮近
まだです、くっ
何をやっているんだ?ニカは


俺らは、なんとか連絡を取りたくて二階堂のハットが光るのを今か今かと待っていた千賀の話しによると傷口がどうのこうのと言っていたらしい、それが気に掛かり。

でも、なかなか繋がらず。

ちっ、こんな時に限ってどうして光らないんだよ
戸塚
落ちつけって薮
だけど俺、なんにも知らなかっんだ
如恵留
薮…くん
話をしていたその向こうで痛みを堪えていたかもしれないのにさ
戸塚
北山は弱音を吐かないやつだから


(そんなの分かっていた、だから気づいてやれなかった自分が許せないんだよ)

そのとき、トッツーのスマホが鳴り。
如恵留
誰からだろう?
戸塚
塚ちゃんからだ、もしもし?


(ん?なんだっていうんだ確か佐久間たちと焼肉食べに行くとか言っていなかったっけ)

戸塚
うんうん、えっ!?翔太が玉森と
如恵留
‥‥っ

(なに?どうかした)
戸塚
ブレスレットが、そう
トッツー?
戸塚
千賀とも話したって
如恵留
えっ
戸塚
分かった、じゃあ待ってるから
どうかした?
戸塚
今から、こっちへ来るって
如恵留
どういう事です?
戸塚
焼肉屋で偶然…

Snow Manの翔太と出くわし宮舘も一緒で、みんなで焼肉を食べながら話していたらブレスレットが
いきなり光ったという。

戸塚
それが玉森のだったっていうんだ
じゃ、あいつ千賀と一緒にいるの
宮近
良かったぁ~
如恵留
皆さん少しずつ向こうで会えているんですね


俺達は如恵留がいた事で千賀と話しは出来ていたが玉森まで一緒にいるとは聞いていなかった為、その情報にホッと安堵する。

戸塚
どうやら、そうらしい他にも話したいことがあるからと言ってた


(あいつらは彼奴らで一生懸命、頑張っているんだな離ればなれになってしまったメンバーや、永瀬廉と会う為に)

そして、繋がることが出来ているのが自分たちだけではないと知り心強く思う

それから暫くし、塚ちゃんがやって来て。

戸塚
で、どういう事なのか説明してくれる
塚田
佐久間がね

ただ宮っちと繋がったのがキスマイのコンサート
のグッズで、あいつが発案したキーホルダーだと
知ったときは開いた口が塞がらなかったけど。

戸塚
それで塚ちゃんとも
塚田
そう、いきなり2人の会話が聞こえて来たときはビックリしたよ


でも塚ちゃんは「うふふふっ」と嬉しそうに笑いながら、それは自分たちの絆が強いことを喜んでいるかにもに見え。
塚田
そっちは?
戸塚
えっ
塚田
誰と繋がっているの?如恵留が千賀と繋がっていることは分かった後は?

塚ちゃんの問いに、宮近が答える
宮近
ニィ~二です
塚田
二階堂?
宮近
はい、ハットで繋がりました
塚田
ふ~ん、で?トッツーは
戸塚
俺じゃなく薮

その言葉に、塚ちゃんの視線がこっちを向く。
塚田
教えて誰と繋がっているわけ?
宏光だよ
塚田
なっ!?

とたん、その瞳が大きく見開き。
塚田
北山と繋がっている?なんでもっと
早くに言わなかったんだよ
戸塚
それはそっちだって
塚田
あ、そうだね…ごめん


誰だって信じるわけがない、こんな状況をいきなり話されたって。だから皆、言えずにいた。
塚田
それで今、北山は?
それが…

重い空気が、辺りを包み込む。
如恵留
俺たち詳しくは知らないんです千賀くんとの通信が途中で切れちゃったから
戸塚
宮近がニカと連絡を取ろうとしているんだけど
塚田
繋がらないの?
宮近
宮田くんは?
そうだ、教えたら向こうで合流できるんじゃ?
塚田
あのね

(えっ、繋がらなくなった!?)
塚田
トッツーや千賀たちのことを話そうと思った途端に光らなくなり
如恵留
まるで誰かに邪魔されているみたい
戸塚
誰に?
如恵留
分からないですけど

(確かにおかしい、あいつらが集まるのを意図的に
妨害しているみたいな)
それでも俺達はやらなければなら
ない、そうだろ
宮近
みんな見知らぬ土地で頑張っているんですから
塚田
俺達が力を貸さないで誰がするんだよってね
戸塚
とにかく、これからは互いに情報交換をし知らせてあげよう
如恵留
そうですね


俺達は俺達のできる事をしよう、一致団結し皆で
そうと誓い合う。

残りの連中と自分たちの周辺にいる誰かが繋がっている可能性はこれにより更に強くなった、あと連絡が取れていないのは藤ヶ谷くんと横尾さん、それと永瀬廉。

ぜったい、誰かと繋がっているはずだ。
塚田
よし、そうと決まれば
戸塚
肉は食べないよ
つうか食べて来たばかりではしょ
宮近
あははっ
如恵留
ふふっ


手助け出来るのは自分らしかいない、今いる場所は違っていても心は1つ「だから、みんな頑張って」

(そして笑って帰って来て待っているから、また一緒にバカやって遊ぼ、なっ?宏光お前がいないと俺、寂しいし)

窓を空け夜空を見上げるとそこには綺麗な月が
見え、その月に願いを込め心の中で呟く。




シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

朱桜
朱桜
歴は10年を越えカッコ可愛い最年長が大好き“これからもずっと見続けていたい”そんな大切な存在だから想いの全てを物語に紡いでいます。 私が描く作品は絶対にKiさんは右で、その隣にいるのはFさん。 同じような気持ちをお持ちの皆さん、一緒に彼らの世界で浸りませんか。 宜しくお願いします―
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る