無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

__ 3
1,240
2018/11/20 09:26
のあ
のあ
あなた!あなたってば!
のあの呼び掛けによって引き戻される
(あなた)
(あなた)
…うわ、ごめんのあ
のあ
のあ
ここ最近ずっと上の空じゃん!さては先輩の所為だな〜
(あなた)
(あなた)
なっ!
図星を突かれて固まる
のあ
のあ
わっかりやすいな〜!とりあえず一旦練習終了!あなた、こっち来て
ベース置いて、部室から出る のあ の後ろを追う
(あなた)
(あなた)
ねえ、さっき学園祭まで近いんだから練習しないとやばいって言ってたじゃん
私たち軽音部は毎年学祭のオープニングで演奏をする

私とのあは、他の3人と 5人でガールズバンドを組んでいる
のあ
のあ
あなたが集中できるように魔法かけてあげる!みんな、すぐ戻って来るからごめん!あなた借りるね!
他のバンドメンバーから はーい と言う声が聞こえる
(あなた)
(あなた)
よくわかんないんだけど…しかもボーカルの のあ が居なきゃ成立しないでしょ、練習
のあ
のあ
つべこべ言わないで黙ってついて来るっ!
やたら元気な のあ に腕を引かれて歩いているとグラウンドが見渡せる窓の前で止まる
のあ
のあ
見てごらんあなた
のあ の指差した方を見ると
(あなた)
(あなた)
…先輩
ころん先輩がドリブルをしながら人を交わしてゴールにシュートを決め、周りの部員とハイタッチしていた

ころん先輩がサッカーをやっている姿なんて初めて見たから、心臓に悪い。部活着のスウェットも心臓に悪い
のあ
のあ
かっこいい?
(あなた)
(あなた)
かっこいい
のあ
のあ
好きになっちゃった?
その言葉を言われ思いっきり のあ の方を向く

一瞬 うん と言いそうになってしまったのは、ころん先輩の新しい一面を見て嬉しかった所為なのか…
(あなた)
(あなた)
のあ
のあ
なんで認めないの?
(あなた)
(あなた)
だって…ころん先輩は人気者だし私みたいな人には届かない存在。
私、話しかけてもらって舞い上がってるけど、ころん先輩からしたら別に特別な存在じゃないと思うし…
色々考えだすと頭の中にモヤモヤと霧が掛かるような気持ちになる  

苦しい
のあ
のあ
あなたは、ころん先輩は女の子なら誰にでも優しいって言いたいの?
(あなた)
(あなた)
うん、きっとそう。慣れてるんだよ
だからあの優しさが自分だけなんて勘違いしちゃダメなんだって 言い聞かせる
のあ
のあ
だから気持ちにブレーキ掛けようとしてるのね〜あんたは。どんだけ臆病なの
のあ からデコピンが飛んでくる
のあ
のあ
もっところん先輩の事知ってからそんな心配しなさい!少なくとも私にはころん先輩はそんな女の子にうつつ抜かすタイプじゃ無さそうに見えるけど
(あなた)
(あなた)
そうかな〜
のあ
のあ
そう!憶測で判断して、踏み入るのを怖がって進めなくなっちゃう所があなたの悪いところ!
こうやって自分の良くないところを教えてくれる親友がいることは本当に奇跡だと思う
(あなた)
(あなた)
そうだね!のあ、ありがとう…私頑張ってみようかな
のあ
のあ
うん、先輩良い人だと思う…応援してる!
よーし部活戻るかあ〜
(あなた)
(あなた)
あと2分だけ先輩見せて!
のあ
のあ
仕方ないな〜あとでアイス奢ってね
さっきまで心の底にあったモヤモヤが少しスッキリした

____________________
るぅと
るぅと
ころちゃんナイスシュート!
ころん
ころん
おう、サンキュー
さっきからマネージャーがころちゃんに猛烈アピールしてるのに見向きもしないのを横目に見ながらころちゃんに話しかける
るぅと
るぅと
そう言えば昨日話してた子があそこから見てるよ
ころん
ころん
え?
るぅとくんが指差した方を見ると あなたちゃん

さっきのもしかして見られてた?シュート外さないでよかったーと心底安心したのもつかの間、心拍数が急上昇する
るぅと
るぅと
ころちゃん手振ってあげなよ、ほら!
るぅとくんがあなたとその隣の女の子に向かって手を振り出した
ころん
ころん
ちょっ、るぅとくん
ここで折れたらるぅとくんに負けた気がするから 恥ずかしさを押し殺して手を振る

その瞬間
るぅと
るぅと
こっからでもわかるくらい赤くなってるけど、あの子…
まってころちゃんもすっごい赤いよ、大丈夫?
もうるぅとくんの声なんて耳に入ってなくて
控えめに手を振り返してくれるあなたちゃんが可愛くて仕方なかった
隣の女の子に何か耳打ちされたあなたちゃんはそのあと

頑張れ って口を動かしながらガッツポーズをして

走って行ってしまった
ころん
ころん
っ…
るぅと
るぅと
ころちゃんったら照れちゃってわかりやすーい
ころん
ころん
今のは反則じゃない?
るぅと
るぅと
確かに僕から見ても可愛いと思いましたね
ころん
ころん
駄目だよ好きになっちゃ
るぅと
るぅと
怖い怖い、大丈夫です…ころちゃんがライバルなんて勝てませんもん僕
ころん
ころん
よーし頑張るか!
あなたちゃんから元気もらえた事だし…部活頑張ろう
____________________
読んでくださってる皆さんありがとうございます(^O^)なこと申します
私自身は るぅとくん が大好きなのですが、ころちゃんがサッカー部だったらって想像したら浮かんできたので…

次は るぅとくん か ジェルくん を書こうかな〜っと書いて欲しい相手 コメントで教えて欲しいです❤︎

あと…ちゃんと名前変更して読めてますかねこの小説?初心者なもんで使い方がいまいちよくわからないんです!コメントで教えてくださると嬉しいです

これからも応援よろしくお願いします!