無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

348
2021/08/07

第5話

大西風雅&西村拓哉💖
昨日の夜…




風雅「ちょ、まって…///」


拓哉「や~だ♡」


風雅「ん…!!」


拓哉「…今、イったでしょ?(笑)…」


風雅「イってない!!//////」


拓哉「嘘つけ(笑)」


風雅「え!?もう一回!?」


拓哉「寝かせないから。」


風雅「えぇぇぇぇぇぇ!?」




そして今日(朝)




拓哉「ふ~が♡バックハグ


風雅「やめて。振り払う


拓哉「…え?どうしたん?😟」


風雅「…嫌い!!」


拓哉「なんで!?」


風雅「昨日…////」


拓哉「え?あぁ、楽しかったなぁ♡」


風雅「激しすぎやねん!!/////」


拓哉「そう?」


風雅「だから今日から1週間、俺に触るの禁止!!!」


拓哉「はぁ!?絶対に嫌や!!」


風雅「嫌でも俺が嫌!😤」


拓哉「なんで~!?」





その日のLilかんさいの楽屋…



斗亜「なぁ、どうしたん?」


風雅「ん?なにが?」


琉巧「いや、なにがやないやん。」


彪太郎「拓哉と全然はなさんやん。」


斗亜「ま、にしたくはめっちゃこっち見てるけどな(笑)」


風雅「あいつが悪いんやもん。」


彪太郎「ケンカ?」


風雅「ちょっと違う…けど嫌い!!」


琉巧「そんなこと言って、ほんとは好きなんやない?(笑)」


風雅「違う!!本当に嫌なんやって!!」


斗亜「へぇ~?(笑)これでもか!?(笑)コチョコチョ


風雅「ふはっ!ちょ、もう!ほんまやって!!(笑)」


拓哉「………。」





拓哉said


なんやねん。

風雅のやつ。

俺のことほんまに嫌いになったんかな…

斗亜とイチャイチャしてるし…俺、捨てられるんか?



彪太郎「なぁ、ほんまにケンカやないん?」


拓哉「え?」


彪太郎「いや、なんかいつものケンカと違って2人しゃべらんなって思ってさ。」


拓哉「ん~なんというか…激しくし過ぎた?(笑)」


彪太郎「なんや。心配して損したわ(笑)」


拓哉「なんでや!?一大事やろ!!」


彪太郎「いや、ただいちゃいちゃしているだけやん(笑)」


拓哉「どこがや(笑)」


彪太郎「ま、俺は2人のこと応援しているからな?」


拓哉「こた…彪太郎~😭抱き着く


彪太郎「暑苦しいわ~(笑)」




風雅said


拓哉のやつ…

なんで彪太郎に抱きついているん!?

なんやねん。。。




拓哉「…あのさ、風雅…」


風雅「なに?」


拓哉「ごめんな…俺、風雅がいないと寂しいんやけど…」


風雅「は?彪太郎のほうがええくせに何言ってるん?」


拓哉「え?」


風雅「さっきまで彪太郎といたやん!!」


拓哉「いや…違うくて…」


風雅「言い訳なんかもうええから。部屋から出ていく


拓哉「なんで…?なんで俺の話聞いてくれないん…?(´;ω;`)ウゥゥ」









next...それから…