無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

294
2021/08/07

第6話

大西風雅&西村拓哉💖
拓哉said


あれから1週間。

何度連絡しても風雅は既読無視。

会っても一切話すことはなかった。

きっとこのまま別れてしまうのかもしれない…

でも、ちゃんと俺の思いを伝えたいと思った。

西村拓哉・LINE
話したいことがあるから、絶対にうちにきて。
来てくれるかはわからないけど。

でも、風雅が俺のことを嫌いになっても…

俺は風雅のことが好きだから。





風雅said


さっき、拓哉からLINEが来た。

きっと別れ話だろう。

本当に終わるんだな…俺たち。






拓哉の家。。。




ピンポーン🎵



拓哉「来てくれたんや…」


風雅「…うん…」


拓哉「あのさ…」


風雅「……」


拓哉「ほんまにごめん!!」


風雅「…え…?」


拓哉「あのとき、俺さ風雅の気持ち考えられんくて…」


風雅「……」


拓哉「でも、風雅は斗亜のこと好きなんやろ?だったら…」


風雅「は?何言ってるん?」


拓哉「だって…」


風雅「俺はずっと拓哉と会った時から好きやねんけど!?拓哉以外好きにならんし!」


拓哉「…えっと…」


風雅「拓哉やって彪太郎のこと好きなんちゃう?抱きついてたやん。。。」


拓哉「…嫉妬してくれてたん?(笑)」


風雅「は!?!?ちゃうし!!////////」


拓哉「俺も好きやで。」


風雅「////////」


拓哉「な、したいんやけど。してええ?」


風雅「……やさしくなら…?」


拓哉「よっしゃ!!じゃ、さっそく!」


風雅「は!?今から!?せめてベットに…!」


拓哉「ソファーのほうが燃えない?(笑)」


風雅「はぁ!?(笑)」







end...





ゆの⛅さん、リクエストありがとうございました!!

いかがだったでしょうか?

2回目のリクエストは🔞、BLでも宣伝は必要ありません。

またのリクエストお待ちしております(o^―^o)ニコ