無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

もう最悪。
2月7日(木曜日)

今日は目覚ましにもお母さんにも起こしてもらってない

「なんかだるい。」

「あなた朝よー!」

ちょっとだるかったけど学校に行くことにした。お母さんには歩きで学校に行くと言って
バスで行くことにした。

(学校)

「おはよう。あなた」

海南のおはように頑張って答えた。

「うん。」

「大丈夫?顔色悪いよ?」

「ちょっとね。ははっ。」

何とか、3時間目まで過ごした。
でも、よりによって4時間目は体育だ。
(もう最悪。)
でもしんどいから体育を休むと言ったら
帰らされそうだから、体操服を忘れたと言った。

(キーンコーンカーンコーン)
4時間目が始まった。体操服を忘れたと言ったから、荷物運びをやらされて
階段を登っていた。


クラッっとした。
さすがに今倒れるのはやばい😱
と、思って手すりにてか待ってしゃがもうとした時

ガタッ

足を踏み外した。

「キャッ!」

ダメだな。こんなことなら休めばよかった。
死ぬのかなって思った。

「あなたー!!」


バサッ

誰かとてもしっかりした体の男子に受け止められた。
顔を見ようとした瞬間に










意識を失った。














その時ふと大和の顔が浮かんだ。



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🕊白ミミ☀️
🕊白ミミ☀️
「あの日君と見た青空」 初心者ですがよろしくお願いします。 ♡芳根京子© ♡永野芽郁© ♡実写化・心が叫びたがってるんだ ♡清水海音©(TikTok)
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る