無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

何やってんだろ。
「あの...。私の恋。応援してほしいの。ダメかな?」

そんなの...無理だなんて。

「前、そう言ったじゃん。応援するよ!」

精一杯笑って見せた。

「ありがと。そう言ってくれると思ってた。あっ、そうだ。あなたって呼んでいい?」

「うん。じゃああなたも美羽って呼ぶね。」

「うん。ほんとありがとう。あなた!」

そう言ってほんとに楽しそうに嬉しそうに笑う美羽の顔はとっても可愛くて美人だった。
美和を見てたら大和のあの輝く笑顔を思い出す。


(カラン)

「ありがとうごさいました。またお越しくださいませー!」


「今日はごめんね、いきなり呼び止めて。また会おうね!じゃあまた!」

美羽は手を私にひらひらふった。

「じゃあまた!」


私何してんだろ。
好きな人傷つけて。
結局八方美人やってるだけじゃん。
「はぁ。」


もう大和のことで精一杯で。


透也のことも...


私、ほんっと、サイテー。






久しぶりに空を見上げてみた。
綺麗なはちみつ色だった。














なんで大和じゃなきゃダメなんだろ。











私の初恋は











運が悪かったのかもしれない。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🕊白ミミ☀️
🕊白ミミ☀️
「あの日君と見た青空」 初心者ですがよろしくお願いします。 ♡芳根京子© ♡永野芽郁© ♡実写化・心が叫びたがってるんだ ♡清水海音©(TikTok)
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る