無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

私と君だけの秘密じゃないの?
ピピピッ!ピピピッ!
寒ッ!!
ベッドから出たくない😭

――――――――――――――――――――――――――――――――――

2月6日(水曜日)

はぁー。眠たい( ´⚰︎` )。⚪︎
なんか幸せ💞
いつも同じ生活じゃない。違う生活
その世界を私は今最高に楽しんでいる

「あなた〜!学校遅れるよー!」

「はーい!今行く!」

(学校)
「海南〜!めっちゃ寒くない?凍え死ぬかと思ったよ!」

「ほんとにねー」

今日は、学校が5時間だったから
早目に帰ることが出来る
だからいつもの場所に行く前に図書館に行って前借りた本を返した
そうしていたらいともと同じ時間になってしまった



(時計台)

大和はまだ来ていない
何故か少し得意な気持ちになった
私達はまだ数回しか会ってないのに
どちらが先に来るかと競走しているようだった
私はスマホを触っていた
顔を上げたその時




大和と...

「えっ。」






















そう言えば今日は














大和と出会って始めての











曇り空だった



















私と君だけの秘密だと思ってたのは私だけ?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🕊白ミミ☀️
🕊白ミミ☀️
「あの日君と見た青空」 初心者ですがよろしくお願いします。 ♡芳根京子© ♡永野芽郁© ♡実写化・心が叫びたがってるんだ ♡清水海音©(TikTok)
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る