無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

ありがとう。でも、
「俺。あなたのことがずっと前から好きだった。」

ん?え?なんで私なの?
私は透也のことが好き。
でもそういうのじゃなくて。多分私の答えは出てる。でも今の私にはそんな元気も勇気もなかった。

「ありがとう。」

それしか言えなかった。その一言しか。

「でも、別に急がないしすぐじゃなくても大丈夫だから。」

「うん。そろそろ帰ろっか。」

家まで一緒に帰ったら透也とバイバイした。
でもいつも透也と交わすバイバイとはちがうかった。

自分の部屋に帰ったら大和からLINEがきてた。








(作者)
すみません短くて💦

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🕊白ミミ☀️
🕊白ミミ☀️
「あの日君と見た青空」 初心者ですがよろしくお願いします。 ♡芳根京子© ♡永野芽郁© ♡実写化・心が叫びたがってるんだ ♡清水海音©(TikTok)
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る