無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

キレイだね
ピピピッ!ピピピッ!
おはよう...
今日もいつもと同じ朝

――――――――――――――――――――――――――――――――

2月3日(日曜日)

ガチャ
「いってきまーす」

「あなた気をつけてね〜」


今日は、図書館に行こう
本借りてすぐ帰ろ

本借りてすぐ図書館を出た
気づいたら時計台に来ていた
時計台は、ちょっとした山になってて
一番上は、休憩所みたいになってる
私は休憩しようと思ってそこまで行った

昨日の君は居ないよね
ははっ、何待ってんだろ私

「帰ろっかな」

「こんにちは、あなた」

「えっ。あっこんにちは大和くん」

心のどこかで嬉しがってるわたしがいた
昨日知り合ったのに

「なんだよそれ、大和でいいよ」

「なんか変な感じだね。昨日会ったのに」

そこから、いろんな話をした。
名前しか知らない君なのに
大和は、空を見つめた

「昨日も、綺麗な青空だったな」

「そうだったかな」

話してる間に私は帰りたくないと思った

「もう帰ろっか」

君がそういった

「うん」

そこから、山をおりて

「またな、あなた」

「またね。大和」








シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🕊白ミミ☀️
🕊白ミミ☀️
「あの日君と見た青空」 初心者ですがよろしくお願いします。 ♡芳根京子© ♡永野芽郁© ♡実写化・心が叫びたがってるんだ ♡清水海音©(TikTok)
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る