無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

でも。
何が何だか最近分からない。
学校行っても前みたいに平凡にも楽しくないし。あの日から美羽からの恋愛相談のLINEが続く。私は精一杯返した。親友のつもりで。美羽の応援のつもりで。でもやっぱりまだいつもいつも大和のことが好きだった。



(ブーブー)

「ん?」

「なんだろ。」

また美羽かな。。

「え。」

その時嬉しさを感じた、私だった。



(LINE)

あなたなんで来てくれないんだ?あれから毎日時計台に行くけど、来ないし。俺とお前の中はそんなだったか。

あなたと話がしたい。前みたいになんでもないことで話して。笑って。
ほんとに楽しかった。お願いだ。

もう一度。会いたい。




――――――――――――――――――――――

そうだよね。そりゃあ、怒るよね。
いつもいつも優しい大和だけど。
このLINEに怒気を感じた。


でも、間違いなく。嬉しかった。










でも、






そんなこと。言われても。。

怖かった。大和があってなんて言うのか。美羽との話を聞かされるかもしれないと。不安だった。

























そして何より。





















美羽のことを裏切るのが怖かった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🕊白ミミ☀️
🕊白ミミ☀️
「あの日君と見た青空」 初心者ですがよろしくお願いします。 ♡芳根京子© ♡永野芽郁© ♡実写化・心が叫びたがってるんだ ♡清水海音©(TikTok)
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る