無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

#2




高校2年生になって、友達と遊ぶ時間が増えた。





だから、勉強する時間が減った。





この前の定期テストは、誰にも言えないぐらい悪い点数をとってきてしまった。






橋 村
だからって…。
佐藤くん、よろしくね?
この子ほんっとバカだから大変だと思うけど…
佐 藤
そのほうが教えがいがありますよ^ ^





こいつ、笑顔でさらっとすごいこと言ってる((





あなた、部屋案内して~。
橋 村
…はぁい。